クレジットカード現金化JP

クレジットカード現金化で個人も法人も資金調達!クレジットカードのショッピング枠の現金化をkwsk

現金化の基礎知識

カード現金化の末の利用停止という最悪の事態を避けるには

更新日:

カード現金化は即カード利用停止に繋がらない

現金を手に入れるためにクレジットカードを使ったら、カード会社から利用停止処分を受けたという口コミを見かけることもあり、カード現金化に二の足を踏む人もいるようです。

カード現金化は必ずカード会社に見つかる、即カード停止で支払いを一括でしなければならないといった書き込みもあります。

こうした情報はかなりの数にのぼるため信憑性が高いとも言えますが、実際のところはバレルこともある、利用停止になる可能性があるという言い方の方が正しいようです。

では、どのような使い方をするとカード会社にバレて利用停止を受けてしまうのでしょうか。
ここではカード現金化が発覚しやすいケース、発覚後にカード会社が取る措置についてご紹介します。

カードが利用停止されたらどうなる?

クレジットカードは手持ちの現金がなくても支払いができる便利なもので、生活に欠かせない存在となっている人も多いはずです。

カード現金化もクレジットカードの利用方法の一つであり、急な出費にも対応できる便利なサービスです。

しかしカード会社は現金化を目的とするカード利用を禁止しているため、現金化のために使ったとわかればカードが利用停止になることもあります。

カード現金化とはショッピング枠の限度額内で買い物をし、それを現金に変えることです。
決済までの流れは普通の買い物と同じですが、元々現金化を目的としてカードを利用したということで、カード会社の利用規約に違反することになります。

利用規約に違反した時の罰則はカード会社によって異なりますが、利用停止となればカードが一切使えなくなります。

また利用停止の時点でカードの残債があり、支払い能力がないと判断された場合やカードの利用方法に悪意があったとみなされた場合は、一括で支払いを請求されることもあります。

こうなると一社のクレジットカードの問題だけでなく、信用情報に傷がつくことにもなるためローンがあればローン、他社のカードがあれば他社のカードなど全てに影響を及ぼします。

しかも信用情報にカード会社からの処分が登録されてしまうと、数年間はその情報が残ることになるためカードの新規申し込みやローンの申請なども断られる可能性が高いでしょう。

カードの利用停止とだけ聞くとクレジットカード一枚使えなくなるだけと思いがちですが、実際には多方面に影響を与える重い処分でもあります。

明暗を分ける現金化の方法

クレジットカードの現金化は自分でもできますがリスクが高い方法でもあるため、一般的には現金化業者に依頼した方が良いと言われています。

しかし手数料を考えると自分で現金化した方が損をすることはないため自分で行う人は後を絶たず、高確率でカード利用停止の措置を取られているようです。

*購入する商品によって異なる危険度

自分で現金化する際の安全性を高めるには、何を購入するかが大事です。

個人で行う場合にカード会社に発覚しやすい理由は、カード会社に目をつけられている商品で現金化を行うからです。

目をつけられやすい商品とは換金性の高い商品で、具体的には新幹線回数券や最新の家電、Amazonギフト券などです。

これらはカード会社が特に目を光らせている商品で、個人消費とは考えにくい購入数、購入金額の場合に確認の電話がかかってくることがあります。

これまでと違った不自然なカード利用は、カード会社に不信感を持たれる原因となります。

普通に考えれば新幹線回数券やAmazonギフト券を短期間で大量に買う必要がありませんし、ゲームやPCなどを頻繁に買い替えることもありません。

そのため現金化のためのカード利用だと判断されることも多く、カード利用停止という措置に繋がってしまうのです。

カード会社が利用停止措置を取るワケ

クレジットカードを買い物に利用してもらえば、カード会社には利益が生まれます。
カード現金化もショッピングをしていることになるので、カード会社にとっては利益になることは間違いありませんが、利用規約では禁止事項となっています。

その理由はカード現金化を行う利用者は、最終的に利用代金を支払えなくなるという判断が下されるからです。

普段の買い物にカードを利用する目的は、お金の管理をしやすくするため、ポイントを貯めるためなど色々です。
ここで使ったお金を計画的に支払っている人は、カード会社にとっても大事な顧客となります。

しかしカード現金化に使われた場合、一気に高額のカード決済を行い支払いは延滞するというケースが少なくありません。

現金化という手段を取る人の多くは金銭的に困窮しており、返済能力がなくなっているというのがカード会社の見方です。

また早急にカードの利用を停止することで、利用者が債務超過に陥るのを防ぐという意味も持っています。

返してもらう当てのないお金を立て替えるとカード会社の損失が増えるばかりということになるため、カードの利用停止はカード会社が会社を守るための手段でもあります。

現金化業者への依頼で利用停止を回避

自分で現金化するとカード会社に現金化を疑われて、カードの利用を止められてしまうリスクが高まります。
だからといって現金化しなければ、必要なお金を手に入れることはできません。

そんな時は現金化業者に依頼して、クレジットカードを現金に変えてもらいましょう。

現金化業者に依頼しても商品をショッピング枠で購入するという、現金化の手順自体は変わりません。

ではなぜ業者に依頼するのかというと、個人で現金化するよりも上手に決済をしてくれるからです。

カード会社にとってカード保有者が大事な顧客であるのと同じく、現金化業者にとっても利用者は大事な顧客です。

カードの利用が停止されるような決済をしていては利用者が減る一方のため、上手にカードを現金化する方法をわかったうえで現金化してくれます。

もちろん業者が現金化すれば100%安心かというとそうとは言えませんが、自分で現金化するより安心なのは確かです。

手数料を取られることがわかっていても利用者が増えているのは、自分でやるリスクと支払わなければならない手数料を比べてみて、手数料の方がお得だとわかっているからでしょう。

再度確認!カード現金化の違法性

カード現金化とカード利用停止の関係についてまとめると

※個人で現金化するよりも業者に依頼した方が安全性が高い
※クレジットカードの現金化はカード会社の規約で禁止されているので、規約違反だとわかればカード利用停止という措置を取られることもある

ということになります。

もう一点、追加で説明しておくとカード現金化は法律的に問題のない行為で、違法性を問われるものではありません。

カード会社が禁止しているのだから法律でも禁止されていると思う人もいますが、実際のところカード現金化にまつわる法律はありません。

強いて言えば貸金業法や出資法に触れるとして逮捕された業者はいますが、カード現金化自体が違法となった例はありません。

カード現金化業者の利用を考えている人は、これらをしっかりと理解して無理のない返済計画、利用を心掛けてください。

【最新】今月人気のクレジットカード現金化特集

即日くん!その名の通り即日現金化専門店

創業10年のクレジットカード現金化の老舗。最大換金率97%、最速5分で振込完了の即日現金化と言えば即日くん!と言われるほどの優良店舗。急ぎの現金化は審査もなく、スピーディーにできる即日くんで!

最大98%のプライムウォレット!24時間対応

『今すぐ必要!』に専門スタッフが迅速丁寧に対応致します。簡単オンライン手続きで即日現金化!お客様の都合に合わせたクレジットカード現金化が可能です。最大98%は業界最高水準!

生活ギフト

最短5分でクレジットカードのショッピング枠を現金化します。ネット銀行なら24時間お振込み可能。現金還元率は業界トップクラスで日本全国どこからでもご利用できます。クレジットカード現金化なら生活ギフトへお任せください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
現金化パンダ

現金化パンダ

クレジットカード現金化にめちゃくちゃ詳しい現金化パンダ。最新のキャンペーンや店舗の裏側まで知り尽くすクレジットカード現金化業界の主役パンダ。

-現金化の基礎知識

Copyright© クレジットカード現金化JP , 2019 All Rights Reserved.