カード現金化の難易度はカード会社で決まる?

持っているカードの種類次第で現金化の難易度が変わる?

クレジットカードを発行している会社は数多くあり、会員へのサービスやカード利用に関する規約はそれぞれ異なります。

しかし全てのカード会社が共通して禁止している事項の一つに、換金を目的としてカード決済を行うことが挙げられます。

最近人気のクレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用して現金を手に入れる行為であり、カード会社の利用規約に違反しています。

そのため現金化が発覚した場合は、それぞれのカード会社の規約に沿った措置が取られることになります。

規約に違反した際の措置には、カードの利用停止や一時利用制限などがありますが、中には退会処分や残債の一括返済請求といったものもあり、どのような措置が取られるかはカード会社の判断次第です。

カード会社としては利用者が延滞することなく支払いを続けている限り迷惑を被ることはありませんし、利用者が利益を生んでいることは間違いありません。

そのため現金化の全てに厳しい措置を取るとは限らず、場合によっては見て見ぬ振りで済ませることもあります。

これはカードを発行している会社の属性によっても変わると言われており、持っているクレジットカードが何系なのかでカード現金化の難易度が異なるとも言えます。

今回は現金化する際に気をつけたいカードの種類、安心して現金化するためにはどのような方法がお勧めなのかについてお伝えします。

チェックが厳しい銀行系クレジットカード

クレジットカードを発行する会社には母体となる会社があり、母体となる会社の業務内容によってカードの種類を分けることができます。

審査が簡単で比較的誰でも作れるのは流通系と交通系で、審査が厳しいのは銀行系と信販系です。

自分のカードが何系に当たるのかわからないという人もいるかもしれませんが、流通系であればデパートなどの名称、銀行系であれば銀行名が付いているためそこで判断してください。

この中で最も現金化利用に対するチェックが厳しいのは、銀行系のクレジットカードです。
メガバンクと呼ばれる銀行、第二地方銀行など銀行による規模の違いはありますが、銀行系クレジットカードは総じてチェックが厳しいと思って間違いありません。

換金性の高い商品の購入頻度が高い、商品の購入と返品を繰り返すといった不自然な利用があれば、すぐに電話連絡をしてくるのも銀行系クレジットカード会社です。

もちろんカード現金化が発覚した時に取る措置も厳しく、すぐに退会処分を受ける人も少なくありません。

退会となれば残債を一括返済請求されることもありますし、もう少し軽い処分でとどまったとしても今後はカード現金化を行えなくなるでしょう。

現在持っているのが銀行系カードで、どうしてもカード現金化をしたいという人は気軽に作れる流通系カードを新規に申し込んだ方が良いかもしれません。

一度、カード会社から退会処分を受けてしまうと信用情報が悪化して、新たなカード申し込みもできなくなります。

流通系カードは年会費無料のところも多いので、現金化のためのカードとして持っておくのもお勧めです。

安全にカードを現金化したいなら業者にお任せ

銀行系カードしか持っていないけれど現金化が必要、自分ではやり方がわからないという時にお勧めの方法はカード現金化業者に任せてしまうことです。

新幹線回数券やAmazonギフト券をカードで買って現金にする方法は、個人でも簡単に行えますが、これはカード会社に目をつけられやすい商品でもあります。

しかし現金化業者はカード会社にバレないよう、上手く現金化するためのノウハウを持っており安全に現金化を行うことができます。

カード会社の目に留まらないよう、カードの利用額を超えないよう、独自の対策を取りながら決済を行えるのは専門業者だけです。

申し込みはネットから簡単にでき、現金を手に入れられるまでの時間も数分~数時間というのが一般的で、急いで現金が欲しい時にも最適です。

手数料は支払わなければなりませんが、自分で現金化するリスクに比べれば手数料を支払っても損はありません。

カードの利用規約違反に当たる現金化ですが、業者を通してバレずに行えば罰則を受ける心配もありません。

業者選びの失敗でカード停止のリスク増

現金化業者に任せてしまえばカード現金化が100%成功するかというとそうではなく、業者選びに失敗すると自分でやるよりもリスクが高いと言われます。

カード会社に現金化がバレるリスクの他、現金化業者に騙されて現金を手に入れることができずカードの支払いだけが残るといったリスクも考えられます。

このようなリスクを減らすには優良業者に現金化を依頼することが大事で、そのためには業者探しの段階で徹底的な情報収集をしなければなりません。

悪事を働こうとする業者は一見してわかるようなミスを犯しませんが、情報収集を続けていると良い業者か悪い業者かといった情報は自然に集まってきます。

評判がよく営業年数が長い業者であれば現金化を任せても安心ですが、口コミや評判が全くない新規参入業者は避けた方が賢明です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました