電話は困る!メールだけで依頼できるカード現金化業者はどう探す?

メールのやり取りで完結するカード現金化業者を探す方法

カード現金化業者の多くは、メールやフォームを使ったオンラインでの申し込みが可能です。
しかしメールやフォームを送っただけで申し込みが完了するわけではなく、基本的には業者から折り返し電話がかかってきます。

言ってみればメールやフォームは申し込みの仮申請、電話で正式に申し込みが完了ということになります。

これまでに現金化業者を利用したことがある人なら、こうした手順を当たり前のように受け入れているかもしれませんが、これから利用を検討している人の中には全てメールだけで完結できればと考えている人もいるようです。

今回は電話がかかってくることなく、メールだけでやり取りできて現金化を完結させられる業者は存在するのか、どうやって探せば良いのか調査した結果をご報告します。

「電話不可」の要望は聞き入れてもらえる?

オンラインで営業している業者は連絡先としてメールアドレスを記載していますし、専用の申し込みフォームを用意している業者もいます。

申し込みの際は最初にメールかフォームで業者にコンタクトを取りますが、何のアクションも起こさなければ業者から電話がかかってくることになります。

そのため、最初に連絡を取る時に「電話不可。メールでのやり取り希望」という要望を伝えなければなりません。

この一文を忘れると業者は通常の申し込みの流れの一環として電話をかけてくるはずです。

全ての業者が要望に応えてくれるとは限りませんが、調べた限りではメールだけでも現金化を申し込むことは可能とのことでした。

*メールだけでも申し込みOK

メールだけで申し込みを行う手順も、電話で対応する場合とほとんど変わりません。
電話をかけて欲しくないという希望を聞き入れてくれる業者であれば、次に行うことをメールで連絡してくるため指示に従いましょう。

フォームやメールで申し込みをした後は、現金化に必要な手続きを進めていきます。

まず大事なのが本人確認ですが、これは元々メールに画像などを添付するため電話をかけないことによる影響はありません。

本人確認には申し込み者の顔写真と写真付きの身分証明書が必要で、業者によってはクレジットカード情報の確認のためにカードの写真を送るように言われます。
カードの写真が不要な業者でも、メールにカード番号などを記載して送るように指示されるでしょう。

カード情報を現金化業者に知られるのは不安に思うかもしれませんが、ネット通販を利用して買い物する時にカード情報を入力しなければならないのと同じです。

カード会社が用意した商品を購入し、それに対するキャッシュバックとして現金を受け取るというのがカード現金化の流れですが、商品の購入というステップがあることを考えれば現金化業者は一種のネット通販業者です。

通販サイトで買い物をしていると思えば、カード番号を教えるように言われたとしても不自然に感じることはないでしょう。

本人確認やカード情報の確認が終われば、利用者がやらなければならないことはほとんどありません。
もちろん送られてきた商品を受け取らなければなりませんが、それは数日後のことです。

キャッシュバック方式の場合、業者からの振り込みは最短で5分か10分ほど、遅くとも当日中には振り込みがあります。

受け取りに指定した銀行口座によっては、土日を挟んだ場合翌営業日移行など時間がかかることはあるものの、業者の都合で2日も3日もかかることはまずないでしょう。

電話をかけてくる業者の事情

実際にメールだけで現金化が可能な業者がいるにも関わらず、電話不可の場合は申し込みを受け付けないという業者もいます。

それには業者側の事情が関係しており、事情を聞いてみると電話をかける必要性があるなと感じるものもあります。

*メールが面倒で断る

電話で説明した方が早い、メールを打つのが面倒という理由で電話不可という要望を聞き入れてくれない業者もいます。

話すのが得意な人と文章にするのが得意な人との違いとも言えますが、利用者の立場に立っているとは言えません。

会社の方針として電話のみとなっているのであれば、いくらお願いしても電話をかけてくるでしょうから依頼する業者の選択肢から外すしかなさそうです。

*詐欺被害を避けたい

クレジットカード現金化に関わる詐欺被害というと、利用者が騙されるパターンの方がよく知られています。

しかし業者が騙される可能性もゼロではありません。

悪意のある利用者が盗んだカードで現金化しようとした時、電話で色々と確認しているうちにボロを出すことも考えられます。

最近は外国人によるカード犯罪が多発していますが、メールでやり取りをしているだけではカード所有者の日本人で間違いないのか、女性なのか、男性なのが全くわかりません。

もし騙されてしまった場合、現金化業者が詐欺に遭っているのですが悪者になるのも現金化業者です。

電話をしたからといって詐欺なのかそうでないのかが100%見抜けるわけでないにしても、被害に遭わないための自衛手段として電話をかけることにしている業者は多いようです。

※利用者も詐欺被害の警戒が必要

現金化業者ですら詐欺に遭う可能性があるのですから、利用者の方も詐欺に遭わないために警戒しなければなりません。

カード現金化業者を利用した人の中には、お金を振り込んでくれない、メールアドレスが突然変わって連絡が取れなくなったという被害を受けた人もいます。

電話をかけて欲しくない事情は人によって色々あると思いますが、メールのみでやり取りするということは利用者にとってのリスクも高くなるということです。

優良業者であれば携帯電話だけでなく、固定電話を連絡先として記載しているでしょうしメールアドレスもフリーメールを使っていないのが普通です。

簡単に取得できるフリーメールのみの業者が全て悪徳業者ではないでしょうが、アドレスを変えられて連絡が取れなくなる可能性は十分に考えられます。

そのため、メールのみでの連絡を希望するのであれば、より一層慎重に現金化を依頼する業者を選ばなければなりません。

優良業者は利用者のニーズに応えてくれる

人によっては換金率が高い業やを良い業者というでしょうし、対応が良ければそれで十分ということもあるでしょう。

一番良いのは、換金率にも対応にも納得できる優良な業者を利用することです。

現金化業者を比較したサイトを見れば、どこの業者の評判が良いのかわかりますし、口コミで情報を集めるのも良いでしょう。

実績があって顧客満足度も高い業者であれば、メールでのやり取り希望という利用者のニーズにもこたえてくれる確率は高いはずです。
もし必ず電話連絡が必要となった場合も、かける時間などに配慮してもらうことはできるでしょう。

良い業者を選ぶことで安心してカードを現金化できるだけでなく、申し込みや手続きの流れに不安を感じることもなくなるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました