ブラックに該当するのはどんな人なのか?借金におけるブラックの意味

金融業界においてブラックと呼ばれるのは、過去において返済が遅れるなどのトラブルを起こした記録が残っている状態を意味しています。この状態になると、様々な金融業者に申し込みをしても審査が通らなくなってしまいます。銀行のカードローンや消費者金融で必ず審査をしていますから、ブラックになってしまうと即日に融資してもらいたいと思っても不可能なのです。

審査なしで借り入れができる業者があるらしいけどホント?

単刀直入に答えると、審査なしでお金を借りることはできません。もしも借り入れができる業者があるとしたら、ほぼ100%悪質な業者と判断していいでしょう。お金に困っている人の弱みに付け込んで、高い利息を払わせようとします。お金を借りたい側にしてみれば高い利息を払ってでもお金を用意したいと思ってしまうのです。そのため、悪質な業者は審査なしで即日融資可能と宣伝しています。借り入れしたい状況に陥ると、人は冷静さを失います。どうにかしてお金を用意したいと思うため、悪質業者の甘い話に乗せられてしまいます。うまい話にはトゲがあることを覚えておきましょう。

小規模中規模業者はブラックでも即日融資が可能?

小規模中規模の金融業者であっても、大手と同じように国に届け出を出してしっかり運営しています。そのため、ブラックリストに載っている人にお金を貸すことはありません。なぜこのような話が広まってしまったのかというと、申し込みをした人は実際にブラックリストに載っていなかった可能性があります。そのため、小規模中規模の金融業者ならブラックリストでも即日融資ができるという噂話が独り歩きしている状態なのです。実際には、ブラックリストには載っていないものの、大手の金融業者の借り入れをクリアする条件を満たしていなかっただけという可能性が非常に高いと言えるでしょう。

小規模中規模業者と悪質業者の見極めは困難

誰もが名前を知っているような大手の金融業者であれば話は別ですが、小規模中規模の金融業者と悪質業者の見極めはとても難しいと言われています。どちらも聞いたことがない名前の場合が多いですから、何を基準に見極めたらいいのか素人には基準が分かりにくいものです。2017年には金融業者が1800社以上あると言われています。しかし、頭の思い浮かぶ金融業者の名前は数社という方がほとんどではないでしょうか。それを踏まえて考えると、小規模中規模業者の数は思っている以上に多いのです。

しかも、場合によってその小規模中規模業者の中に悪質な業者も紛れている可能性があります。なんとなく名前を聞いたことがあると思っていたけれど大手の名前に似てただけだったという声もありますから、安易に飛びついたりせず、その業者が本当に信頼できるのかどうか金融庁で公開している情報と照らし合わせてみましょう。

頼りになるのが国の金融庁の情報公開

金融庁では、国に届け出を出して正しく運営している業者の一覧を公開しています。屋号のほかに登録番号や住所から、その業者が届け出を出している業者かどうか調べることができます。それでも不安という方は、業者で提示している金利や限度額を見てください。悪質な業者は驚くほど法外な利息を請求してくるので、金利を見ればすぐに届け出を出している正規の業者か悪質な業者なのか判断することができます。

本当にブラックなのかネットで確認できる個人情報開示

申し込みをするときに一番心配になるのが審査と答える人はとても多いです。審査が通らないのなら申し込みをしなかったという人もいます。そこで自分の個人情報を確認してブラックかどうか調べたという方も増えてきました。本当にブラックなのかどうか、今の時代はネットを介して調べることができるのです。JICCやCICという信用情報機関に記録されている情報を開示してもらいます。もちろん、本人でなければなりません。健康保険証や運転免許証のような本人確認ができるものと、手数料を用意すれば情報開示を請求することができます。

ブラックかどうか簡単チェック

情報開示はちょっと手間がかかりそうだからと躊躇する方は、簡単チェックでブラックかどうか確認していきましょう。

  • クレジットカードの支払いが遅れている
  • カードローンの支払いが遅れている
  • 過去5年以内のうちにクレジットカードの強制解約になってしまった
  • 過去5年以内のうちにスマホや携帯電話が強制解約になってしまった
  • 過去5年以内のうちに債務整理をした

これらのトラブルに該当する場合はブラックの可能性が高いと言えます。

ネットで出来る借り入れ簡単診断を試してみよう

大手のみならず、金融業者で運営しているホームページでは借り入れが可能かどうか判断できるコンテンツを用意しています。該当する項目をクリックしたり、質問に答えることで借り入れが可能かどうか仮に診断してもらえるので、審査が通るかどうか気になる方は簡単診断コンテンツを利用してみてはいかがでしょうか。

コメント