新幹線回数券現金化は危険?安全な方法はある?

クレジットカード現金化に使われる新幹線回数券

最近はLCCの台頭により利用者の新幹線離れという声が聞こえてくることもありますが、やはり旅行や出張などには欠かせない乗り物です。

安くて早いと言われる飛行機でも空港の数は限られており、その移動を考えれば新幹線に勝るものはありません。

大都市だけでなく地方都市への移動も可能、降りてからの乗り継ぎも飛行機に比べれば遥かにラクに感じる人も多いはずです。

そんな利便性の高さが新幹線の人気を支えていると言えますが、新幹線にはクレジットカード現金化に利用されるという一面もあります。

多くの人が利用する乗り物だけに新幹線の需要がなくなることはなく、それがカード現金化を行う人のニーズにも合っていると言えるでしょう。

ここでは新幹線とカード現金化がどのように関係してくるのか、カード現金化を行うことに危険性はないのかについて説明させていただきます。

なぜ人気? 現金化と新幹線回数券の深い関係

年に一度か二度、旅行の時にだけ新幹線を使うという人の中には、新幹線に回数券があることを知らない人もいるようです。

もちろん出張などで同じ区間を頻繁に往復する人であれば、自分で購入するか会社から支給されるかは別として、回数券を利用している人も多いでしょう。

新幹線の回数券は6枚綴りになっており有効期限は6カ月、乗車券と特急券をその都度購入するよりも1%~9%安くなります。

元々の値段が高い新幹線の切符は1%の割引であったとしても、複数回乗車すればかなりお得と言えるでしょう。

最も人気があるとされる東京-新大阪間の新幹線回数券の場合、約5%の割引となっており往復すればおよそ1500円ほど安くなる計算です。

座席の種類などでも割引率は変わりますが、定価販売が基本の新幹線乗車券、特急券という音を考えれば回数券で得することは間違いありません。

金券ショップなどで新幹線の切符が安く売られているのを見たことがある人もいるかと思いますが、安い理由は普通の切符ではなく1回当たりの値段が元々安い回数券だからです。

また金券ショップでは新幹線回数券の買取も行っており、額面の90%程度で売れることもあります。
新幹線の回数券はクレジットカードでも購入できるため、高換金率のクレジットカード現金化のための商品として認知されるようになりました。

人気が出過ぎてハイリスクな行為に

カード現金化で購入する商品のうち、90%以上の換金率になるものはそうそうありません。
そのため、新幹線回数券はカード現金化の主力商品となっていったのですが、人気が出すぎたため同時にカード会社から監視対象となってしまいました。

カード決済を利用した現金化を認めていないカード会社としては、明らかに現金化に使われているとしか思えない新幹線回数券の購入を見逃すわけにはいかなかったということです。

※現金化が発覚した時のリスク

現金化にカードが使われたとわかれば、カード会社は利用を停止することもあります。
これはカード会社の規約で現金化を目的とした利用を認めていないからで、これまでに利用停止や退会処分を受けた人は少なくありません。

新幹線回数券の購入については特に厳しく監視しているとも言われ、不自然な買い方をした時には即電話連絡が入ることもあります。

業者なら新幹線回数券を安全に現金化できる?

換金率の高さと手軽さで人気の新幹線回数券を利用したカード現金化ですが、発覚した時のことを考えると安易に行うことはできません。

そこで注目され始めたのがカード現金化を専門に行う業者を利用し、クレジットカードを現金にする方法です。

個人で現金化するから危ないのではないかと考えた人たちが、ショッピング枠を現金化するという業者の宣伝文句に魅力を感じるのは当然の流れとも言えます。

業者に申し込みをし、その後新幹線回数券を購入、それを業者に売却することで現金を手に入れることができるというのが大まかな流れで、いわゆる買取方式によるクレジットカード現金化です。

ただカード会社に現金化がわかってしまうかもしれないリスクは、業者を利用したとしても変わるものではありません。

確実に買い取ってもらえる業者と事前に契約をしているという点が違うだけで、自分だけで現金化を行う時とリスクの高さは同じということです。

新たな現金化手段として注目のキャッシュバック方式

新幹線回数券を現金化しようと思った時、自分でやっても業者を通したとしてもカードの利用停止というリスクは高い確率でつきまといます。

そこで登場したのが、安全性の高いキャッシュバック方式というクレジットカード現金化の手段です。

キャッシュバック方式の場合、必ず業者を利用する必要がありますが新幹線回数券購入のように現金化を疑われることなく利用できます。

これは現金化業者が指定した商品を購入し、その特典として現金を受け取るという独自のシステムを採用しているからです。

カード会社はキャッシュバックを受けたことを把握できませんし、表向きは通常のショッピングと何一つ変わりません。

また買取方式に比べて現金を受け取るまでの時間が短縮されたことも、キャッシュバック方式のメリットの一つです。

安全性の高さと振り込みまでの時間の短さを考えると、クレジットカード現金化を行うに当たって理想的な方法と言えるでしょう。

キャッシュバック方式を採用している現金化業者は、ネットで簡単に探すことができます。
新幹線回数券による現金化に不安を感じているのであれば、こうした業者の利用を検討してみるのも良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました