現金化に必須のステップ。本人確認はどう行う?

クレジットカード現金化で本人確認が必要な理由

ショッピングでクレジットカードを使う時、わざわざ本人確認されることはありません。
買い物のたびに身分証明書の提出を求められるとなれば、面倒になってカード決済を止めてしまう人もいるでしょう。
そもそもクレジットカード自体が、本人確認書類になると思う人もいるかもしれません。

クレジットカード現金化はキャッシングでなくショッピング枠を利用して現金を手に入れる方法ですが、利用する際は本人確認が必ず行われます。
融資を受ける時のような審査はありませんが、お金が介在するサービスということで安全性を高めるために実施されるのが身分証明書による本人確認というわけです。

現金化に限らずお金をやり取りするサービスを提供する業者には、一定数の悪徳業者がいると言われています。
実際に現金化業者を利用して騙されたという人の口コミを見かけることもあり、それが現金化に悪いイメージを植え付ける原因ともなっています。

どのような方法で利用者を騙す業者がいるかというと、個人情報を流用したり、申し込み時に聞いていたよりも振り込みされる額が大幅に減らされていたというものです。

こうした話はよく聞かれますが、騙されるのは利用者だけでなく業者も同じです。

他人のクレジットカードで現金化しようとしたり、現金を受け取った後に決済をキャンセルしたりといった詐欺行為を働く利用者もいます。

本人確認を行うことで業者としては安心して現金化を行うことができますし、多くの人にサービスを提供し続けられるということです。

本人確認はどう行う?

業者が本人確認のために提出を求めるのは写真付きの身分証明書と顔写真、クレジットカード情報となっています。
これらの情報と振り込みに利用する銀行口座の名義を合わせて、本人確認とするのが一般的で名義などに相違があると申し込みを断られることもあります。

同一住所に住んでいる家族であっても、原則としてカード現金化を申し込めるのは本人だけです。

親のカードや夫、妻のカードで現金化を申し込める業者もありますが、その場合は本人と名義人の身分証明書や申し込みの承諾書など、追加書類の提出が必要です。
書類が準備できない、家族には内緒でという場合、ほぼ全ての業者で申し込みを断られるでしょう。

専業主婦や高齢者には写真付き身分証明書を持っていない人も少なくありませんが、こういう場合は別の書類で代用できることもあります。

水道や電気代など公共料金の領収書などが代わりに使われることが多いようですが、業者の中には受け付けを拒否するところもあるようです。

写真付きの身分証明書であれば一つで済むところを数種類の書類で代用しなければならないこともあるので、人によっては現金化のための事前準備が大変になるかもしれません。

個人情報の扱いは慎重に

本人確認の際には身分証明書の提出だけでなく、個人情報を伝えなければなりません。
住所、氏名、電話番号に加えて銀行口座やカード番号も業者に知られるということで、もしも悪質な業者に流用されたらと考えると怖いことです。

もちろん、こうした情報は現金化のために必要なものであり、きちんとした業者は個人情報の保護や管理には十分に気を使っているはずです。
悪意のない流出であってもニュースで大きく取り上げられれば、会社としての信用問題になることは確実で、下手をすれば業務を続けられなくなります。

そのため優良な業者を選んでいれば、悪用されるリスクはかなり低いと言えるでしょう。

注意しなければならないのは、個人情報を売る業者や本人になりすましてカードを不正利用しようとする業者です。

何年も営業を続けている業者であれば情報を売買したり、なりすましでカード利用したりといった不正を行っているとは考えにくく、その点では営業年数の長い業者の方が安心です。

現金化のためには個人情報を必ず渡さなければならず、心配だからと情報を隠して申し込みことはできません。
この時、安全のために利用者にできることは、信頼できる良い業者を選ぶことだけです。

HPを見て業者を選ぶ時に一番最初に目に就くのは換金率の高さだと思いますが、何よりも大事なのは会社概要の記載事項です。
ここに住所や電話番号の記載がない業者は、いくら換金率が高くても利用しない方が良いでしょう。

まともな業者であれば会社情報を隠す必要はなく、逆に信用に繋がるとして開示しているはずです。

現金化業者を比較したサイトや口コミ掲示板なども、業者について知りたい時に役に立ちます。
複数の比較サイトで優良業者として名前が挙がっているところは、比較的安心して利用できるでしょう。
また実際に利用した人の感想は良いものでも悪いものでも参考になります。

悪い口コミばかりの業者を避けるのはもちろん、利用者数が多いはずなのに口コミがない業者も避けた方が良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました