アマゾンギフト券買取ならギフト券買取ウィング

現金化の業者一覧
業界でも有名な取り扱いカード数No.1のギフト券買取専門ウィング。アマゾンギフト券やitunesカードなどの換金にはオススメです。

安定した換金率が魅力のギフト券買取ウィング

ギフト券買取ウイングは、アマゾンギフト券とiTuneカードの買い取りをしている業者で、この2つの金券を利用したクレジットカードの現金化も可能です。

アマゾンギフト券、またはiTuneカードであればタイプを問わず買取ができるので、残高の余っているものから、クレジットカードで購入した未使用のものまで換金することができます。

換金率は一律固定なので安定した換金ができるほか、基本的に即日入金なので、急な出費でもクレジットカードのショッピング枠が残っていれば利用できます。

ギフト券買取ウィングは3万円以上の利用がお得

ギフト券買取ウィングを利用する場合は、アマゾンギフト券やiTuneカードの換金に手数料が必要です。
手数料は換金率とは別に必要になるので、手数料分の換金率を下げてしまうことになりますが、3万円以上の換金であれば手数料が発生しません。

換金自体は1,000円からできますが、手数料分を節約するのなら3万円以上の換金がおすすめです。

買取と入金は基本的に即日なので困ったらすぐに使える

ギフト券買取ウィングの入金は基本的に即日なので、申し込んだその日に指定した金融機関の口座へ振り込まれます。
申し込み完了から入金までの時間は最短で3分と早く、他の業者友比べても最速と言えるほどの速さがあります。

換金率は初回なら88%以上で回目以降は87%以上の変動制

ギフト券買取ウィングの換金率は、初回利用なら88%以上が保証されますが、2回目以降の利用は換金率が変動するので、高い換金率のときもあれば、低い換金率のときもあります。

換金率の変動はリスクにもなりますが、換金率の高い時に利用することで、より効率的なアマゾンギフト券やiTuneカードの現金化ができます。

タイミングを見て利用することができれば、ギフト券買取ウィングは高換金率で利用できる業者になります。

口コミは高めでリピーターの評価が高い

ギフト券買取ウィングの口コミは、主にリピーターからのものが多く、その評価も高めです。

・換金が高い時に狙い撃ちするとすごい業者
・コンビニで買ってきたiTuneカードが換金出来るので便利
・いらないアマゾンギフト券を売れるのでよく利用するが、割と換金率が高い日が多いので助かる

換金率が高い日を狙って利用することで、効率的な現金化ができます。
クレジットカードの現金化業者としても優秀です。

ギフト券買取ウィングの現金化率

現金化率 プラン
ご利用額(円) 初めてのお客様 2回目以降のお客様 2回目以降で10万円以上の場合
いくらでも 88% 87% 88%


※只今、iTunesカードは買取は休止中しています。

ギフト券買取ウィングの特徴

eメールにて完結するカード系の買取に強い

業界でも少ない「アマゾンギフト券」に加え「iTunesカード」も買取対象。
買取対象が多いのが特徴です。「アマゾンギフト券」の場合、「eメールタイプ」のみの場合が多いのですが、
「コードタイプ」・・・docomo、au、ソフトバンクのキャリア決済で手に入れるタイプ。
「カードタイプ」・・・コンビニ・量販店にて販売されてるカードタイプ
「印刷タイプ」・・・絵柄とギフトコードがデザインされたページを印刷する方法
「グリーティングタイプ」・・・デザインされた台紙とともに郵送する方法
「シートタイプ」・・・コンビニの情報端末から発行するタイプ
などのタイプの買取もしてるようです。通常、業者はこういったタイプがたくさんある場合は面倒なので(笑)「eメールタイプ」のみの場合が多いのですが。もはや、アマゾンギフト券換金というサービスではなく、金券ショップの買取に似てますね。

買取は即日対応、3万円以上で手数料が無料に。

買い取りは全て即日にて完了するそうです。現金化でいう当日振込ですね。手数料は結構とる業者が多いんですが、3万円以上からは無料なのでそれ以上でお申し込みした方がお得ですね。リピーターになれば換金率UPのキャンペーンもあるそうなので、まずは初回の1%の換金率にてお試しください。

ギフト券買取ウィングの特徴についてご紹介します。
買取ウィングは、まだできたばかりの会社なのですが、以前とは異なる名前で経営をしていたり、姉妹会社があるために買取業者としてはある程度の実績を持っています。

会社概要をみても、住所や電話番号はもちろんですが、代表者の名前、さらには古物商売営業許可の番号もしっかり記載されていますので、信頼しても全く問題ありません。
現金化をする時に利用する業者というのは、やはり信頼できるのかがとても重要になります。

信頼できる業者であれば安心ですが、もしも信頼できない業者となるとこまることも多くなります。
その点、ウィングではどのように現金化をしてくれるの、ウィングに依頼をするとどのようなメリットがあるのかなど様々なポイントをご紹介したいと思います。

ウィングの魅力は?

数多くのAmazonギフト券買取業者がある中でも利用者に選んでもらうためには他の業者との差別化をはかる必要があります。しかし、買取ウィングはそういった意味では差別化に成功しています。

振り込みまでのスピーディさはもちろん、買取率の高さを売りにしている営業スタイルであり、多くの人に選ばれているのです。Amazonギフト券を買取してもらおうと考えている人の中には今持っているアマゾンギフト券が不要だから現金に換えたいという人も多いわけです。

そういう人は、できるだけ早く現金にしたいというだけでなく、少しでも高く売りたいという気持ちが強いと思います。そのため、他店に比べて多少時間がかかるのですが、買取率の高さの光る買取ウィングというのは相性がとても良いのです。また、今はアマゾンギフト券を持っていないものの、クレジットカードやキャリア決済を使用して購入し、現金を作りたいという理由からアマゾンギフト券の買取サービスを利用する人も多いです。

その場合は、すぐにお金が必要で緊急性が高い人もいるのですから、少し買取率が下がったとしても、最短3分などと謳われる即日入金が基本となる業者を選ぶ人も多いです。しかし、緊急性がそこまで高くない場合には少しでも高い買取率の方が良いのです。他の業者よりもわずかでも高い買取率というのはそれだけでも大きな魅力になってくるのです。

ウィングを利用する時の注意点

買取ウィングを利用するときに気をつけなければいけないことがあります。それは高い買取率を誇っていますが、日々変動しているということです。つまり、いつも同じではないということなのです。

少し前に見たときは買取率が90%を超えていて他の業者よりも高かったことから利用を決めた場合でも利用する時の買取率は80%台後半になっています。その場合、買取ウィングは手数料が300円引かれてしまいますので、タイミングによっては他の業者と比較しても振込み価格が低くなる可能性があるのです。

Amazonギフト券の買取業者においては毎日買取率が変動するとうのも珍しくありません。買取を利用する日の買取率をそれぞれチェックして、最適なタイミングなのかどうかを買取率が上がるのを待つべきなのかを判断してみましょう。買取ウィングは、初回の利用と、2回目以降、2回目以降であれば10万円以上の買取率があります。初回は金額にかかわらず、高めの換金率になっていることが多いですので、利用する人にはオススメです。

逆に2回目以降で10万円未満の場合には低い買取率になります。3万円以下の場合は手数料300円も惹かれてしまいますので、3万円以上の場合に利用した方が良いですよ。

振込みのタイミングは?

振り込みのタイミングについては、ホームページをみると少し複雑に書かれています。普通銀行への即日入金を希望している場合には平日朝9時までにギフト券コードを送信しておかなければなりません。

申込フォームの送信自体は24時間いつでも対応してもらえますので、毎日の夜のうちに送っておくのがベストです。ただそうなると、日をまたいでいるので申し込んでから即日入金というイメージではなくなってしまいます。そのため、当日の朝9時までにギフト券コード送信まで終えることができていれば15時には入金されて即日入金とないrます。

申込みの流れは?

申し込みの流れもとても簡単です。本人確認は携帯電話に送られてきたコードを送信して行うだけです。最新の本人確認の方法が導入されています。

身分証の写真を送付するのに抵抗がある人であっても安心です。今Amazonギフト券を持っている人はもちろんですが、申し込み途中でアマゾンギフト券をクレジットカード、キャリア決済でも購入することができるのでとても便利ですよ。

店舗に出向く必要もなくクレジットカード情報、特別な審査も必要なく現金を手にすることができる方法として知られています。業者選びは結構重要だったりするものですので、信頼できる買取ウィングを利用してみてはどうでしょうか。ウィングであればまずご納得いただける現金化を実現できると思います。とても簡単に、そして便利に利用することができますので、是非ためしてみてください。

ギフト券買取ウィングの概要

事業所名 ギフト券買取ウィング
所在地 東京都中央区東日本橋二丁目28番4号
TEL 03-6427-1908
URL http://kaitori-wing.net/
担当者 井上 翼
営業時間 平日10:00-19:00

コメント