仮想通貨現金化のメリット・デメリット

現金化の基礎知識

流行る兆しを見せている仮想通貨現金化のメリットとデメリットをご紹介します。

仮想通貨現金化のメリット

仮想通貨現金化の主なメリットを5つご紹介します。

1度仮想通貨現金化をすればずっと手軽に利用できます。

最初の手間として仮想通貨の口座開設を行わなければなりません。この手間を1度行うと、専用のアカウントができますので、今後利用する際いつでも簡単に利用することができます。

業者に会う必要が全くなく、勿論審査も不要です。

通常のクレジットカードの現金化の場合は、住所等が必要でした。これはクレジットカードにて購入したものを送付する必要性があったからです。仮想通貨を利用することで業者との接点は全く必要なく、ハンドルネームだけでも可能になりました。当然、審査もアカウント開設の際に口座番号だけわかればいいので審査不要であると言えます。

仮想通貨で物品に換える手間がなくなる

今まで仮想通貨でアマゾンギフト券等を購入して、アマゾンギフト券換金業者や、お近くの金券ショップに持って行っていた手間がなくなります。お手持ちの仮想通貨を業者指定アカウントへ転送後即現金に。1度利用してしまえば、信頼も分かると思いますので、転送後即振り込まれる手軽さが実感できます。仮想通貨現金化の利用者の大半が主婦であることがその利便性を物語っています。

全てはインターネット上で完結します。

今までの現金化であればクレジットカードを利用する為、どうしても電話確認が必要でした。仮想通貨を利用することで、全てをインターネット上で完結することができます。勿論現金を動かすので心配な方は1度電話確認をすることをお勧めしますが、基本的には必要ありません。お申し込みフォームからお申し込みをして、業者側のアカウントに仮想通貨が転送されれば業者側は、お客様の銀行口座に現金(JPY)を振り込みます。また、クレジットカードを利用して仮想通貨を買うのもお客様自身ができることなので、いちいち業者に確認する必要性も全くありません。。新しい試みである部分として、お手持ちの仮想通貨でも、新規で購入の仮想通貨でも業者側は全て買い取ります。よくわからない商品を業者側にクレジットカード情報を渡すことなく利用できますね。

最大換金率90%の業者もあり便利です。

お手持ちの仮想通貨がある場合、換金率は80%を超えてきます。クレジットカードにて、仮想通貨をご購入頂き、その仮想通貨の料金(変動制)×80%が日本円となります。是非お手持ちの仮想通貨を現金化してみてください。勿論、個人の方でなく、法人の方のご利用も最近多くなってきています。

仮想通貨現金化のメリットのまとめ。

審査不要・最短振込1分以内(仮想通貨で業者側のアカウントに転送してから)・ネットで完結。全ては手軽に、クレジットカード現金化のように本人確認もクレジットカード情報を渡す必要もありません。また、新規でクレジットカードで仮想通貨を買わずともお手持ちの仮想通貨を現金化することも当然可能です。

仮想通貨現金化のデメリット

仮想通貨は御自分でも現金化できます。これは仮想通貨の口座開設を行い、自分の口座に即振込を行うという手法です。そうすると決済手数料などひかれた約10%ほどの料率で日本円(現金)を得ることができます。ですが日本ではまだ取引所自体の信頼性が全くありません。万が一ですが、先日あったような口座内での問題が起きた場合、全損になる場合もあります。その点業者に任せれば安心・・・ということですね。

また、仮想通貨現金化の利用者のそのほとんどが、仮想通貨に投資を行いJPY以外の通貨が増えているが税金などの問題で、モノに換えるしかできない主婦の方や法人の方の利用がほとんどです。そういったケース以外は新規で利用する必要性がないのはデメリットかもしれませんね。

コメント