キャッシュアウトが2018年から開始。要するにデビットカードの現金化サービス。

元業界No.1コンサルコラム

以前書いた、「クレジットカードの現金化はそもそも違法なのか?法律に違反しないの?」にてあるように、現金化サービスは海外では非常に一般的なサービスです。今回ついにデビットカードにてスーパーや百貨店などのレジにて現金化するサービスが始まるそう。ナゼ海外のようにクレジットカードではなく、デビットカードなのか?その辺は日本っぽいなぁと思うんですが。とりあえず「キャッシュアウト」がどういうサービスなのか解説したいと思います。

[toc]

レジで出金、18年4月から デビットカードで可能に
大手銀行や地方銀行などで構成する日本電子決済推進機構(東京)は6日、スーパーや百貨店のレジで預金を引き出せる新サービスのシステムを2018年4月に稼働させると発表した。買い物などの代金を口座から即時

そもそもデビットカードとは

VISAやMastercardなどの国際ブランド加盟店にて利用可能なカードで、商品を購入した際に掛かった代金が、指定の銀行口座から「即時」引き落としになるカードのことです。

デビットカードが良く分からない方へ簡単に説明すると。クレジットカードのようにリボ払いや後日引き落とし等、支払い方法の種類はなく、「その場で銀行から引き落とされるクレジットカードのようなもの」と覚えておけばいいともいます。当然、「審査不要」でデビットカードは作ることができます。銀行口座が開設できれば問題ありません。

もっとわかりやすく言えば、「ATMで使う銀行のカードで買い物ができる。」です。これが1番わかりやすいかと。単純にATMの銀行カードを持ち歩いてるだけですね。利用する方はなかなか少ないと思います。ただ単に銀行へ行く必要がない!というメリットだけあるかもしれません。

デビットカードとクレジットカードを比べてみました。

結論から言うと、クレジットカードもデビットカードも主に支払い方法と利用可能上限が違うだけで、ほぼ変わりはありません。

項目 クレジットカード デビットカード
審査の有無 有り 無し
支払い方法 後払い 即時払い
発行元 クレジットカード会社 銀行
利用限度額 審査にて各自異なる 銀行の残高が上限
発行可能年齢 18歳以上 16歳以上
現金化可能か? 可能 可能

当サイトはクレジットカードの現金化のサイトですので、あえて触れると現金化することはできます(笑)ですが、即時支払いなので現金化業者で現金化するメリットは全くと言っていいほど意味がありませんので・・・おすすめしません(笑)

デビットカードが現金化できる「キャッシュアウト」のメリット・デメリット

残念ながらキャッシュアウトのメリットは1つしか見当たりませんでした。

財布にお金がない時、ATMや銀行に行かずに買い物をするときのレジで現金を引き出せる

これのみですね。そもそもの話デビットカード自体そこまで需要はないはずです。「クレジットカードの後払いが嫌いな方」「現金主義の方」程度かと。高校生の場合、クレジットカードを持つ練習や気分(笑)等でかっこいいと思うからとかの理由はあるかもしれませんが。基本的に、クレジットカードが持てるのであればクレジットカードの方がポイントも貯まりますし、キチンと管理すれば便利だと思います。

これから需要あることとして無理矢理もう1個キャッシュアウトのメリットを言うと。

デビットカードは海外でも使えるので、海外で現地通貨に両替できます。

でも・・・海外ならクレジットカードの方が便利ですし、そこまでのメリットを感じません。残念です(笑)

要するにデビットカードは、銀行が発行してるので「自行の預金を簡単に使えるようにして手数料ちょっと下さいな!」っていうだけのカードなんですよね(笑)特に昨今では百貨店でもスーパーでも・・・相当小さいところは除きますが大体ATMが設置されてるんですよね。パチンコ屋にもATM置かれてるくらいなんで。なのでそこまでメリットはないかと。

「キャッシュアウト」の本番はクレジットカードだと睨む

前述したように。デビットカードを持っている人も少なく、キャッシュアウトに至ってはメリットも大してない。ATMに寄らずに買い物先でATMカードで買い物ができる、現金が引き出せる程度です。ただし、ATMと違いレジなどで現金を引き出す為、周りの人からモロ見えです。これって危ないと思うんですよね。特に高齢化社会ですし。ただでさえ利用すると思われる年齢層は高校生かご年配の方々です。こうなってしまうと危機管理の部分も大切かと思います。

海外での一部地域では、クレジットカードにてキャッシュアウトができます。こちらは相当便利なんですよね。銀行にお金なくともショッピング枠をレジにて商品を購入したことにして?(それ用の打ち込みがあるハズ)現金を渡す。まさにリアル版(オフライン)クレジットカードのショッピング枠の現金化です。こっちの方が便利だと思うんですけどねー。前記事にて書いたように、クレジットカード現金化は何度か法律により締め付けにあってます。ここの部分を緩めることは難しいと思いますが・・・ユーザーの利便性を考えると、デビットカードのキャッシュアウトよりは・・・クレジットカードにした方が便利なような気がします。

コメント