【徹底解説】クレジットカード現金化の流れ

正しく利用すれば安心! クレジットカード現金化の流れ

クレジットカードを利用して現金を手に入れるのは違法だと聞いてサービスの利用を控えている人もいれば、上手に使って必要な時にお金を手にしている人もいます。
中には現金化と聞いてもピンとこず、どんなサービスなのか見当がつかないという人もいるでしょう。

実際に利用したことがある人はサービスの内容や流れを理解できますが、そうでなければわからないことだらけで怪しげな印象を持ってしまうのも仕方ありません。

クレジットカード現金化はどんな時に役立つのか、利用の手順はどうなっているのかがわかれば、そのイメージも覆されるかもしれません。

ここでは、現金化の申し込みから現金を手に入れるまでの流れを初めての人にもわかりやすく解説します。
利用するかどうかのは最終的に自分で決めることですが、その判断を下すのはこのページを読み終わってからでも遅くありません。

クレジットカード現金化サービスの概要

クレジットカードは、買い物の時に現金の代わりに支払いができるものと認識している人は多いと思います。

現金化の仕組みも大きくわければショッピングで利用するのと同じですが、商品を購入する場所と購入後の流れには違いがあります。

クレジットカード現金化とは、業者指定の商品を購入してそれを業者に買い取ってもらう、あるいは指定された商品の購入に対してキャッシュバックを受けることで、手元に現金が入るサービスです。

これだけ聞いても怪しげな雰囲気を完全に払しょくするのは難しいですが、ひと言で言えばショッピング枠を現金にするのが現金化ということになります。

次に現金化がどのような手順で行われるのかをまとめてみました。

現金を手に入れるまでの流れ

クレジットカードを現金化しようと思った時に、まずやらなければならないのが業者探しです。
現金化業者の中には実店舗を構える業者もありますが、ネット上の業者であれば申し込みから現金の受け取りまで、全て自宅で完了できて便利です。

業者を選んだ後の流れは以下の通りです。

*HPのフォームか電話で現金化を申し込む
*本人確認書類の送付
*指定された商品を購入
*商品の受け取り(買取方式の場合は業者に商品を送付)
*現金が振り込まれる(キャッシュバック方式の場合は商品購入後に振り込み)

ここで確認しておきたいのが、現金化には買取方式とキャッシュバック方式の2種類があるということです。
どちらも商品を購入するという点では同じですが、買取式の場合は受け取った商品を業者に送るという手間があります。

また現金を受け取れるのは業者に商品が届いた後が一般的で、振り込みまでに時間がかかるという難点もあります。

一方でキャッシュバック方式の場合は、商品は手元に置いておけば良く振り込みも商品購入確認後すぐです。

手間や現金が手に入るまでにかかる時間を考慮して、どちらの方式の業者を選ぶか決めましょう。

では、流れについて一つずつ詳しく見ていきましょう。

*HPのフォームか電話で現金化を申し込む

最初に行うのは業者への申し込みですが電話やメール、申込フォームなど受け付け方法は複数用意されています。
営業時間外のメールやフォームでの申し込みの場合、折り返しの電話が営業時間内にかかってきます。

申し込みの際には氏名や電話番号などの個人情報、現金化希望額や振り込み用の口座番号などを伝えます。

電話で申し込んだ場合、これらの個人情報を改めてメールで送信するよう指示されることもありますが、聞き間違いなどによるミスを防ぐためです。
二度手間になって面倒だという時は、最初からメールやフォームで申し込んだ方が良いでしょう。

*本人確認書類の送付

買い取り方式で現金化を行う業者は、必ず本人確認を行わなければならなりません。
信頼できる業者かどうか、きちんと登録済みの業者かどうかは本人確認をしっかり行っているかでも判断できます。

現金化の申し込みを本人が行っているのか、第三者がカードを悪用していないのかといった確認のために、基本的には免許証などの写真付き身分証で本人確認が行われます。

写真付きの身分証がない場合は保険証と公共料金の領収書などで代用できることもありますが、どういった組合わせでの提出が必要になるかは業者次第です。

現金化を申し込む人が100%免許保持者ということはないでしょうから、業者でもこういった場合の代替手段を必ずアドバイスしてくれるでしょう。

送付の際は画像データで送れば良いのでスマホで撮影し、メールやフォームに添付するだけでわざわざコピーを取らなくても大丈夫です。

ローンやクレジットカード申し込みのような審査はなく、収入や勤務先を証明する書類の提出を求められることもありません。

*指定された商品を購入

商品を購入するサイトや商品については業者から指定があります。
買取方式の業者はブランド物や家電、キャッシュバック方式の業者は利用者が見ても価値がわからないような商品を指定することもありますが、何を買ったとしても現金化希望で申し込んだ額を勝手に変更されることはありません。

*商品の受け取り(買取方式の場合は業者に商品を送付)

商品を受け取った後の手順は、買取方式とキャッシュバック方式で異なります。
買取方式の場合は指定された住所宛に受け取った商品を送付、キャッシュバック方式の場合は商品受け取り後は自分で持っておくだけです。

*現金が振り込まれる(キャッシュバック方式の場合は商品購入後に振り込み)

商品が業者に到着すれば指定口座に現金が振り込まれるので、その時点で現金化は完了ということです。
キャッシュバック方式では商品の購入が確認され次第、現金の振り込みが行われるため商品受け取りで一連の流れが完了となります。

カードで買い物した分だけ現金になる?

例えばカードで買い物した金額が10万円だった場合、いくらの現金が受け取れるのか気になるところです。

実際に10万円使ったのだから10万円もらえると勘違いする人もいますが、それでは業者の営業が全く成り立ちません。

利用額から業者の利益を引いた額が利用者の貰える金額になりますが、この額は業者によって異なります。

HPを見るとそれぞれの業者が換金率を記載していますが、換金率90%を超えるところも数多くあります。
しかし実際には手数料などの名目で差し引かれることがあるため、80%前後の換金率になる業者がほとんどです。

比較サイトなどでも実質換金率70%~80%であれば、優良業者と考えても良いと書かれているので業者選びの際はこの数字を目安にしましょう。

クレジットカード現金化の安全性についての考え方

クレジットカード現金化の流れを具体的に見ても、違法と言える行為は存在しません。
これまでに多くの利用者がいるサービスですが、法律に触れるとして摘発を受けた人や逮捕された人はいません。

ただし古物営業法や貸金業法に違反するとして摘発を受けた業者がいるのは事実で、それがニュースで取り上げられたことから、現金化は悪いことだというイメージを持つ人が増えたのも確かです。

しかし、現金化サービスを悪だと言い切る前に、業者が現金化サービスを提供したことについての違法性が問われたわけではないという点に注意が必要です。

あくまでも貸金業の法律に触れたこと、古物商の許可を取っていなかったことが違法となっただけです。

では現金化サービスが100%安全かというと、それも確実とは言えません。
なぜなら業者の中には利用者を騙す悪徳業者も存在しますし、表に出ていない詐欺行為が働かれている可能性がゼロではないからです。

とはいえ、こうしたグレーな部分があるサービスがクレジットカード現金化に限ったことではなく、利用者が正しい知識を持つことで悪徳業者を避けることもできます。

現金化がどう行われるのか、優良業者を選ぶにはどんな点に注意すれば良いのかといった情報があれば、悪質な業者の口車に乗せられることもないでしょう。

比較サイトや当サイトの情報を参考に、クレジットカード現金化に対する理解を深め、失敗のない業者選びをしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました