借金の一本化にも使えるクレジットカード現金化

現金化で借金を一本化するメリット

お金に困っている人は、次々に借りる相手を変えて借金を繰り返すことがあります。
複数の消費者金融で借り入れをして借りられなくなったら、友人や知人を頼ることも少なくありません。

こうなると自分でもいくら借りているのか、誰にいつ返せばよいのかわからなくなることもあります。

そこでお勧めしたいのが借金を一本化する方法です。

一元管理で無駄のない返済プランを

返済の期日を守ってきちんと借金を返済できているのであれば、無理をして一本化する必要はないかもしれません。

しかし借金の額や借入先が多くなるとウッカリ支払いを忘れたり、期日に遅れてしまったりして相手に迷惑をかけることもありますし、自分の信用も無くしてしまいます。

返済日や返済額を一元管理できるよう、借金を一本化しておけばこうしたミスを防ぐことも可能です。

*クレジットカード現金化で借金を一本化する方法

借金を一本化する具体的な方法としてお勧めなのが、クレジットカード現金化です。
キャッシング枠がいっぱいでもショッピング枠に余裕があれば使える方法で、一本化するための手間もほとんどかかりません。

ただしこれで一本化できるのは、ショッピング枠の上限金額までに限られるという点は理解しておいてください。

なぜならクレジットカード現金化はショッピング枠で買い物をし、それを現金に変えるからです。

一般的なクレジットカードでは、キャッシング枠よりもショッピング枠の方が上限が高く設定されています。

継続して利用している人なら、200万円や300万円というショッピング枠を持っている人も少なくありません。

日常的な買い物でこの枠いっぱいに利用することはないでしょうから、借金があってもショッピング枠に余裕があるという人は大勢います。

それを活用して現金を手に入れ、借金を返済するのがクレジットカードを利用した一本化の方法です。

一本化すれば支払日は月に一度

クレジットカードを利用するとそれぞれのカード会社が決めた締め日で1ヶ月分の利用額を集計し、翌月に請求が来ます。

現金化して借金をまとめてしまえば返済日はカード会社が指定する日のみになるため、1ヶ月に一度となります。

一本化する前は消費者金融や友人、知人などそれぞれに合わせた返済日があったはずで、借入先が増えれば返済日も増えていたかもしれません。

月に一回、お金を工面するだけで借金の返済が進んでいくと考えれば、バラバラに返済していた時より少しはラクになるのではないでしょうか。

銀行では複数のローンを一つにまとめるための、おまとめローンという商品がありますがクレジットカード現金化で借金を一本化するのも、それと同じようなものだと考えれば良いでしょう。

金利の支払い不要でお得

一本化するために銀行から融資を受けたり、これまで借りていた業者以外から借りるという方法もあります。

しかし新たに借入額を増やすことになるだけでなく、高い金利で鹿借り入れできないという不利な状況に陥ることも多いようです。

友人や家族からの借金なら利息を支払う必要がなく、借りたお金だけを返せばよいといってくれることもあるかもしれません。
しかし消費者金融や銀行から借りるとなれば、必ず利息を支払わなければなりません。

ではクレジットカード現金化で現金を調達した場合はどうかというと、あくまでもショッピングでの利用のため支払うのは商品の購入代金だけです。

カード利用代金の支払い方法に分割払いやリボ払いを選んだ場合は所定の手数料がかかりますが、一括なら購入代金以上の支払いは不要です。

ただしクレジットカード現金化には手数料がかかります。
また換金率も業者によって違うため、商品の代金がそのまま現金に変わるわけではなく7割~8割程度のお金にしかならないこともあります。

少しでも多くの現金を手に入れるためには、換金率が高く手数料の安い業者を見つけることも大事です。

手数料や金利、支払い方法ごとに異なるクレジットカード利用代金の利息など色々なケースを想定しなければなりませんが、借金の完済までに時間がかかる場合は金融機関などに金利を払い続けるより、クレジットカード現金化で一本化した方がお得なことも多いようです。

一本化を積極的に検討している人の多くは借金もまとまった額になっていて、返済に長い時間がかかることも多いのではないでしょうか。

そう考えるとバラバラに返済を続けるよりは、カード現金化業者を利用して借金返済に充てるお金を手に入れ、クレジットカード会社への支払いに専念できる一本化がベストな方法になるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました