Amazonギフト券買取は現金化手段のトップ

現金化の基礎知識

商品買取方式の現金化とほぼ同じシステムで行われるAmazonギフト券現金化は、利用者にとってもかなり魅力的なサービスです。数多くのメリットを持ち、効率良く現金を手にすることができるとして人気も高まっているAmazonギフト券の現金化。ここでは人気の理由とAmazonギフト券買取にしかない特徴について、わかりやすく解説します。

Amazonギフト券買取はどんな仕組みで現金化できる?

Amazonギフト券を現金にする方法はいたってシンプルで、購入したものを売却してお金を手にするというものです。金券の一種でもあるAmazonギフト券が売れればお金になるのは当然の原理ですが、金券なら他にもたくさんあります。

その中でAmazonギフト券だけがもてはやされる理由は、買いたい人の需要が高いおかげで価値を下げることがないという点です。金券の買取は需要と供給のバランスで価格が決まるので、需要があれば値崩れすることはありません。そのためAmazonギフト券は換金性が高い商品と言えるのです。

これ以外にも全国共通百貨店商品券や貴金属、ブランド品なども換金性が高い商品と言えますが現金化に使われることが多いと認知されてしまったため、高リスクの商品となりました。現金化は違法ではないもののバレた時には、様々なデメリットが生じます。一方でAmazonギフト券買取による現金化は、バレにくいと言われています。

換金性の高さ、現金化のリスクの低さで言えばAmazonギフト券買取に並ぶものはないといっても過言ではありません。

人気の秘密を徹底解剖! Amazonギフト券現金化とは

現金化に手間も時間も掛けたくないけれどお金はたくさん欲しいという人にとって、Amazonギフト券買取の手軽さと換金率の良さは最大のメリットと言えます。これまでにクレジットカードのショッピング枠を利用して行われる現金化で換金性の高い商品として扱われていたのは、新幹線の回数券です。しかし最近はカード現金化業者の中でもAmazonギフト券の換金性の高さが評価されており、取り扱う業者も増えてきました。

では次にAmazonギフト券買取とキャッシュバック方式のクレジットカード現金化を比較し、現金化に最適なサービスはどちらなのかを考えてみましょう。

圧倒的な速さを誇る入金スピード

早く現金を手に入れたい人が最も気になるのは、全ての手続きが終わってから入金があるまでにどのくらい時間がかかるかです。昔に比べて現金化の手段を問わず振り込みに要する時間はかなり短縮されています。Amazonギフト券買取とキャッシュバック方式の現金化を比べてみても、双方30分程度が振り込みに要する平均的な時間という結果になっており、このくらいの時間であればどちらとも十分に許容範囲内と言えるでしょう。

ただし細かいところまで見ていくとキャッシュバック方式で商品を購入した場合、購入時のクレジット決済が確認されればすぐに振り込みができるため最短で5分~10分という業者もあります。

Amazonギフト券買取の方はというと買取の際に未使用かどうかを確認する作業が必要で、それに手間取ると5分で振り込みというわけにはいきません。もちろん手慣れたスタッフがスピーディーに作業すれば確認から振り込み手続きまでの時間も短縮できるはずなので、この時間の差についてはあまり気にすることはなさそうです。入金までのスピードが他に比べて圧倒的に早いという、Amazonギフト券買取の評判に嘘はないと考えて間違いありません。

換金率の高さでも圧勝

キャッシュバック方式で現金化を行った場合に気をつけたいのは、業者が提示している換金率がそのまま適用されるわけではないということです。もちろんAmazonギフト券買取も額面そのまま、100%で買い取ってもらえることはありませんが、提示されている換金率より大幅に下がる心配はほとんどありません。多少の手数料が引かれたとしても実質的な換金率は約80%、これ以上の換金率で買い取る業者も多数あります。

ではキャッシュバック方式ではどうかというと、実質的な換金率を平均すると75%程度となります。優良業者と呼ばれるところであっても80%を大きく超えることはないとも言われているため、Amazonギフト券買取の換金率の高さがわかるはずです。

キャッシュバック方式の現金化業者では送料や手数料、消費税などといった項目で現金化したお金が徴収されてしまいます。換金率98%と謳っている業者であっても、振り込み額を見ると70%が良いところというのは実際によく聞かれる話です。Amazonギフト券でそこまで換金率を下げるような業者は、まず存在しないといっても良いため換金率ではAmazonギフト券買取が圧勝といって良さそうです。

Amazonギフト券買取はカード現金化より安心

クレジットカード現金化でもAmazonギフト券が購入商品として選ばれることがありますが、それを行う業者とAmazonギフト券買取業者には、どのような違いがあるのでしょうか。換金率や入金までのスピードについては先に比較したような違いがありますが、明らかな相違点とは言えません。また双方ともネットで申し込みや手続きができるという共通点があります。

利用者からすればどちらも同じようなものと言うこともできますが、実は気をつけておきたい相違点がいくつかあり、それは利用者にとっても知っておくべきポイントとなっています。

カード情報を守れる

クレジットカード現金化業者を利用する際には、氏名や連絡先などの情報に加えてクレジットカードの情報も伝えなければなりません。本人確認書類の送付ももちろん必要で、これらを合わせて本当に本人が利用を申し込んでいるのかを確かめているのです。

Amazonギフト券買取の場合も本人確認は行われますが、これは商品を買い取る業者が古物商として営業している限り行わなければならない手続きで、本人確認を行わない業者の方が怪しいと言えます。ただしクレジットカード情報の開示を求められることはありません。

カード情報は大事な個人情報の一つでもあるため、できれば人に知られたくないものです。Amazonギフト券買取なら、カード情報を守って安全に利用できるため現金化に当たっての不安を減らすことができます。

購入する商品が明白

商品を購入して買い取ってもらうにしても、キャッシュバックを受けるにしてもカード現金化の場合は事前に何を購入するのかわからないことがほとんどです。最終的に現金が手に入れば、何を購入しても気にならないという人もいるかもしれませんが、中には変な物を買わされるのではと心配する人もいます。

一方、Amazonギフト券買取の場合は購入する商品がAmazonギフト券と決まっています。そのため不安を感じることなく購入でき、利用者の安心感にも繋がっています。

Amazonギフト券買取のデメリット

一般的にAmazonギフト券の換金率は高く、それが人気のある理由とも言われていますが高換金率を維持できるのはそれだけの需要があるからです。逆に言えば需要が少なくなれば換金率が下がるということでもあり、いつまで高換金率を維持できるかは誰にもわかりません。

最初に利用した時に90%の換金率だった業者でも、次に利用する時には85%に下がる可能性があるということです。クレジットカード現金化でも全く同じことがないとは言えませんが、キャッシュバック方式の場合は利用回数が増えるごとにキャッシュバック率を上げてくれる業者もあります。キャッシュバック率が上がるということは、実質的に換金率も上がるということでこれは商品の需要に左右されません。

この点はクレジットカード現金化の方が優位に立っていると言えそうです。Amazonギフト券買取が大幅に換金率を下げる可能性は低いものの、デメリットがゼロではないということは覚えておいた方が良さそうです。

カード現金化業者も認めるAmazonギフト券買取

これまでにカード現金化とAmazonギフト券買取の色々な面を比較してきましたが、決してこの2つの行為を行う業者が対立しているわけではありません。それどころか現金買い取り業者がAmazonギフト券買取を行うこともあるほどで、カード現金化業者もAmazonギフト券買取の良さを認めています。積極的にAmazonギフト券買取に参入する現金化業者は今後も増えると考えられ、利用者にとっては現金化を行う手段の選択肢が増えたとも言えます。

お勧めのAmazonギフト券買取業者

利用者が増加し、業者の数も増えてきたAmazonギフト券買取ですが、それに伴って悪質な業者の噂も聞かれるようになりました。Amazonギフト券買取で損をしないためには、換金率が高い業者を選ぶことが大事ですが合う特業者に騙されないことも大事です。そこでお勧めなのがAmazonギフト券買取業者として安定した人気を誇る「買取KING」です。気になる換金率は初回利用なら92%保証、振込手数料も無料となっているので換金後のお金が目減りすることもありません。また申し込みは24時間年中無休で受け付けているので、急いでお金を用立てなければならない時にも便利です。Amazonギフト券以外の金券も取り扱っているので、興味のある人はぜひ買取ボブのHPを確認してみてください。

アマゾンギフト券の換金業者早見表

換金業者を最大換金率からわかりやすいように表にしました。急な出費の際にご活用下さい。アマゾンギフト券の換金で一番換金率が高いプランはどの換金業者も「アマゾンギフト券 Eメールタイプ」になります。手軽なものなので手数料も安く済むため大体90%前後の買取提示表記になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました