Suicaの現金化は可能?Suica(スイカ)にチャージして現金化

Suicaにチャージ済みのお金は現金に変えられる

交通系カードのSuicaは電車に乗る時以外にも便利に使えるため、万が一のためにと多めにチャージしている人もいます。

最近は利用できる場所も増えたので、ちょっと出かけるくらいならSuica一枚あれば大丈夫ということも少なくありません。

しかし場合によっては現金が必要になることもあり、そんな時には多めにチャージし過ぎた事を後悔することもあるようです。

手元にお金はないけれど現金は必要、Suicaのチャージを取り出すことができればと思ったことがある人も少なくはないでしょう。

実はSuicaにチャージしてあるお金を現金にすることは可能です。

ここではいざという時のために知っておきたい、Suicaの現金化についてお伝えします。

チャージしすぎた時も安心!Suicaからお金を取り出す方法

携帯とSuicaさえあれば不便を感じないという人もいるほど、Suicaの利用範囲は広がっています。

通勤に電車を利用する人はもちろん、あまり電車を使わない人も券売機に並ぶ手間を省くため、或いは便利に使える電子マネーとして持っているほど普及率の高いカードです。

実際にコンビニなどでSuica払いをしてみると小銭が増えるわずらわしさから解放される、財布を持ち歩かなくて良いといった利便性を実感するのではないでしょうか。

そのため、お金に余裕がある時は多めにチャージしておこうと考える人も少なくありません。

しかし、いつもお金に余裕があるわけではなく、給料日前なのに既に金欠、急に出費が重なったという時は現金として手元に残しておけばよかったと思うこともあるでしょう。

もちろんSuicaがあれば買い物はできますが、Suicaが使えない場面で現金が必要になることも珍しくないはずです。

そんな時にできる方法はただ一つ、チャージしたお金を現金に変えれば良いのです。

みどりの窓口が現金化の窓口に

Suicaを現金に変えるために行くのは駅の窓口です。
地方のかなり小さな駅でもみどりの窓口があると思うので、そこでSuicaを返却したいと申し出てください。
それだけで手数料を引いたチャージ額に、購入時支払ったデポジット500円をプラスした額がが現金として手に入ります。

交通系カードはSuicaだけでなく各社が色々と発行しているため、返却して他社のカードに乗り換える人も多くいます。
そのため返却を申し出ても不審に思われることはありませんし、返却の理由を聞かれることはなく事務的に処理してもらえます。

*払い戻し不可の駅も

基本的に購入した駅以外のみどりの窓口でもSuicaの払い戻しには対応していますが、JR東日本が発行したSuicaの払い戻しはJR東日本の駅でなければ対応できません。

またSuica一部対応駅とされる駅では、払い戻し対応を行っていません。

全国で利用できるSuicaですが、払い戻しの場合は管轄があるということを忘れないようにしましょう。

*チャージミスなら手数料不要で払い戻し

金額の設定を間違えてチャージしてしまったという場合、払い戻し手数料なしで返金してもらえます。

ただしチャージ後に使用していない、チャージした駅で当日に申し出るという条件が付いています。

うっかりチャージしすぎた時の参考までに覚えておきましょう。

記名式SuicaやSuica定期の注意点

Suicaには記名式と定期がありますが、これらを払い戻す時は注意が必要です。
窓口で払い戻しを申し出る際に免許証などの公的証明書を見せなければならず、代理で払い戻す時には本人の身分証明書と委任状、代理人の身分証明書がいります。

マイナンバーカードや免許証、保険証や住民票なども身分証明書として使えるので、払い戻しに行く時は忘れずに持参してください。

Suicaを手元に残す現金化の方法

Suicaを返却してしまうと通勤に支障がある、再度発行する際には改めてデポジットを払わなければならないといったことで悩む人もいるかと思います。
また全額ではなく一部だけ現金化したい場合もあるかもしれません。

そんな時もある裏技を使えばSuicaを現金化することが可能です。

具体的な方法としてコンビニでの現金化を例に挙げると

1 コンビニで商品を購入してSuicaで支払う
2 間違えて購入したなど理由を付けて返品する
3 現金で返金してもらう

このような流れになります。
支払いをSuicaで行っても返品した商品に相当するお金は現金で返ってきます。
買うものの値段によって現金化する金額を自由に変えられるので、ちょっとだけ現金が欲しい時にも使える方法です。

この方法はコンビニ以外でもSuica払いができるお店ならどこでも可能なので、場合によっては駅に行かなければならない返却よりも簡単かもしれません。

ただし同じお店で何度も買い物と返品を繰り返していると怪しまれることもありそうなので、繰り返し行う場合はその都度お店を変えた方が良いでしょう。

困った時はクレジットカード現金化業者へ

Suicaを利用して現金化を行うのは難しいことではなく、基本的には駅に行きさえすれば現金が手に入ります。

また返却には手数料がかかるものの、返品して現金を受け取る方法なら手数料は一切かかりません。

さらに何かを買って売却するといった方法でもないため、チャージしてある金額がそのまま手に入るのも大きなメリットです。

今回はカードの現物があるSuicaでご説明しましたが、最近利用者の増えているモバイルSuicaでも同じようにして現金化することが可能です。

ただしSuicaにチャージできる金額は最高で2万円となっているため、多額の現金が必要になった時にはあまり役に立ちません。

もっと現金が必要という時は、クレジットカード現金化業者を利用するのがお勧めです。

申し込みはネットで簡単にできますし、ショッピング枠を現金に変えるだけなので借金をするわけではありません。

即日振込に対応している業者も多く、早ければ5分ほどで必要なお金を受け取ることもできます。

Suicaの現金化では必要なお金が工面できない、もっとラクに現金化したいと思うならクレジットカード現金化業者の利用も検討してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました