クレジットカード現金化JP

クレジットカード現金化で個人も法人も資金調達!クレジットカードのショッピング枠の現金化をkwsk

今月のイチオシのクレジットカード現金化業者

今月のイチオシは「即日くん」です。

>

クレジットカード現金化JPにてお申し込み頂いた方対象に、キャッシュバック率1%UPキャンペーンを開催してもらってます。是非この機会にお試しください。

即日くんの1%UPキャンペーン

現金化わん
即日くんで人気の「当日10分お振込みプラン」は、お申し込みから10分以内にお振込みをする驚異的なプランです。元々この業者さんは10年前からクレジットカード現金化業を営み、長年親しまれ、利用者もNo.1でした。最大で97%キャッシュバックを実現してる業者でもあり、さらに嬉しいのは取り扱いのクレジットカードの種類の多さです。NGのカードはほぼないと思います。クレジットカード現金化なら即日くんで決まりですね(^^♪

即日くんの1%UPキャンペーン

クレジットカード現金化JPでは、当サイト限定(キャンペーンのような)換金率を提示してくれる現金化業者様をイチオシとさせていただきます。現金化業者様の広告のご出稿お待ちしております。

クレジットカード現金化とは

現金化パンダ
クレジットカード現金化はお手持ちのクレジットカードのショッピング枠を現金に換える、換金・現金化サービスです。

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があります。この2枠の内、キャッシング枠を利用する場合は、ATM等から現金を手にすることができますが。通常、枠の大きさはショッピング枠の方が大きく残りやすい傾向にあります。このショッピング枠を利用して、ブランド品などを買い、質屋などに行って換金する方も中にはいらっしゃいますが。その手間を省いたサービスが「クレジットカード現金化」になります。

海外等では当たり前のサービスですが、日本ではクレジットカード会社が規約により禁じているため、現金に換えることは困難です。

現金化パンダ
クレジットカードの現金化は海外のクレジットカードの決済ラインを利用することにより、決済を可能にし、ショッピング枠を現金化することができる業者のことを指します。法律には触れませんので安心して利用することができます。
クレジットカードの現金化はそもそも違法なのか?法律に違反しないの?

クレジットカードの現金化サービスを利用する際に、必ず気になる「違法」か「合法」か。重要なことですよね?この点について少し ...

クレジットカード現金化業者早見表

現金化業者を最大現金化率と振込スピードからわかりやすいように表にしました。急な出費の際にご活用下さい。現金化率にこだわるなら通常(お振り込みまで日をおくプラン)。振込スピードにこだわるならスピード(当日にお振り込み)にほとんどの業者が分かれているのが一目瞭然です。とりあえず表を眺めて良さげな業者を見つけるのもいいと思います。

※お振り込みまでの最速の時間は、あくまで契約が完了後からの時間です。お申し込みからの時間ではありませんので気を付けましょう!リピーターなら電話でスグの場合もありますが、初めて利用する店舗の場合、本人確認やイロイロとちゃんとありますので。審査はないですがクレジットカードを使った犯罪が多いので本人確認には各業者時間をとります。

アマゾンギフト券の換金業者早見表

換金業者を最大換金率からわかりやすいように表にしました。急な出費の際にご活用下さい。アマゾンギフト券の換金で一番換金率が高いプランはどの換金業者も「アマゾンギフト券 Eメールタイプ」になります。手軽なものなので手数料も安く済むため大体90%前後の買取提示表記になります。

業者名 上限金額 最大換金率 公式ページ
生活ギフト 無し 90% 公式ページ
ギフトチェンジ 無し 91% 公式ページ
換金館 無し 92% 公式ページ
買取セブン 無し 92% 公式ページ
買い取りKING 無し 90% 公式ページ
amatera.co.jp 無し 90% 公式ページ
FUJIサービス ~200万円 92% 公式ページ
トーマス 無し 94% 公式ページ
換金堂 無し 92% 公式ページ

お振り込みまでの時間は、アマゾンギフト券が業者の手元に届き次第5分~10分以内にお振り込みされます。どのアマゾンギフト券換金業者も一律のようなので表からは「お振り込みまでの目安」の項目は外しました。

⇒アマゾンギフト券換金業者一覧はこちら

日本全国の現金化「Gタウンページ」

全国各地の現金化業者(クレジットカード利用が可能な金券ショップ)をまとめました。お住いの地域に合わせて是非ご活用下さい。

北海道 北海道
東北 青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京神奈川千葉埼玉茨城栃木群馬
甲信越・北陸 山梨長野石川新潟富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
四国 愛媛香川高知徳島
中国 岡山広島島根鳥取山口
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

クレジットカード現金化の仕組み

現金化パンダ
簡潔に述べるならば、クレジットカードのショッピング枠で高還元率の物を買って、質屋に売りに行くイメージです。

難しく考えることはありません。例えばですがお手持ちのクレジットカードにて「ブランド物のバッグ」を購入して、そのまま「質屋」に持って行ってください。そうすると引き換えに現金を貰えますよね?クレジットカード現金化の仕組みはこの流れを簡潔にしたものです。海外では当たり前のように、スーパー等でもクレジットカードは現金化できるのですが、日本ではカード会社の規約に引っかかる為、利用しにくいんです。だからこういったカードの現金化業者がたくさんいるんですね。

クレジットカードの現金化業者は、ほとんどが海外の決済ラインを利用しています。国内の決済ラインでは現金化しにくいんです。なので、こういった専門業者に依頼するというカタチになります。業者により様々な商品(高換金率)を用意してますので、現金化の際はそういったことを聞くこともおすすめします。

クレジットカード現金化の注意点

現金化パンダ
クレジットカードの規約に触れる為、いくつか注意点(リスク)があります。

クレジットカードが使えなくなる可能性があります。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、昨今のグレー金利等の問題において、消費者金融があまりお金を貸せなくなった際、利用者が急増しました。元々、クレジットカードを持っていれば誰でも利用可能(審査はありません)なサービスなので、一般的な消費者金融よりは、現金を作りやすい、便利な傾向があります。その便利さ故、多重債務を助長させる可能性があり、各種クレジットカード会社がショッピング枠を現金化することは、規約にて禁止しています。

勘違いされてる方も多いのですが、上述のように「クレジットカード会社の規約」に触れる為、万が一カード会社に現金化したことがバレた場合、お手持ちのクレジットカードは使用不可になります。ですが、法律に触れることはありません。グレー金利と並ぶように、「グレーゾーン」のサービスです。なので大々的に表立って言う事ではありませんが、合法的なサービスとも言えます。

万が一バレた場合、「現金化をした方」ではなく、「現金化業者」は損失を被ります。それはカードの決済会社から入金を止められてしまうからです。その際、お客様に振り込んだ現金は戻ってきません。まるまる損になりますので、現金化業者はかなりのリスクを背負いながら業務をしています。そういったこともあり、手数料などで儲けを出そうとしているんだと思います。

自己破産を申請した際、引っかかる恐れはあります。

前述のように利用しやすいサービスであるが故、消費者金融を限度額まで借入、最終手段で持っていたクレジットカードのキャッシング枠を使い切り、さらにはショッピング枠も使い切り・・・そして多重債務となってしまいもう自己破産するしかなくなった場合。自己破産して借金を帳消しにしてもらうには、裁判所から「免責許可」(「もう債務は払わなくていいですよ」という意味)を貰う必要があります。

現金化パンダ
これが「免責不許可」になる場合があります。「免責不許可」は基本的には、ギャンブルや投資などの所謂「浪費」したと思われる借入に対し下されるものです。

「免責不許可」にクレジットカードの現金化が各当する一文があります。破産法252条1項2号「換金目的でクレジットカードを利用した金券の売買行為」要は・・・「換金目的でショッピング枠を使ってはいけませんよ!」ということです。

現金化パンダ
ハッキリ言いますが。余程の細かい現金化を繰り返さない限り、この条項に当てはまるとは思えませんが(笑)

現金化する際に現金化業者を利用した場合、通常の買い物と見分けはつきませんので。例えば「5万円×10回」これは怪しいですよね?(笑)そういう意味です。5万のモノを10回買う。これはどう考えても「怪しさ」が残ります。ですが、「30万円×1回」ではどうでしょうか?ブランド物のバッグを1個買うとこれくらいしますよね?となると、そのバッグを買う事自体はそういったことには抵触しません。まぁ多少怪しさはありますが。どちらかというと精神的にぶっとんでるな!という解釈になるハズです(笑)一応、自己破産も前に見えてる方であれば1度考え直すことも必要かもですね。

アマゾンギフト券を現金化するアマゾンギフト券換金業者

現金化パンダ
アマゾンギフト券を高価買取してくれます。アマゾンギフトの買取にて現金化する方法をアマゾンギフト券換金と言います。

クレジットカードの現金化をする場合、一番のメリットは「お店にワザワザ行かずに、ネットで完結し、即現金がお振り込みされる。」ということが挙げられます。これを実現するために現金化業者は様々な手法(店舗により多少違うんです。)にて、現金化を行います。そのうちの1つの手法で、最近増えてるのが「アマゾンギフト券」を利用した現金化方法です。

現金化パンダ
人気のアマゾンギフト券高価買取業者は「買い取りKING」です!余った少ない金額のアマゾンギフト券も買取中なので1度申し込みしてみるのもいいかもしれませんね☆

流れは通常の現金化と変わりません。単純にクレジットカードのショッピング枠で指定のURLからアマゾンギフト券を買うだけです。それを業者が高換金率で買い取ります。振込の種類ですが、中には現金を振り込むケースと、アマゾンギフトそのものを送付する業者もあるそうですが、基本的には現金を振り込むのが「現金化」というサービスなので、現金振り込みがスタンダードです。

詳しい手順やメリット・デメリットを知りたい方は、下記をご確認下さい。

アマゾンギフト券の換金(現金化)の一般的な流れと換金率を知りましょう。

流行りのアマゾンギフト券の換金についてまとめました。アマゾンギフト券現金化の際、必ず確認の上、ちょっと「おかしいな」と思 ...

携帯電話の枠を現金化する現金化業者

現金化パンダ
携帯電話に元々ついているキャリア決済の機能を使った現金化サービスです。

皆さんがお持ちの携帯電話。これには実はカードでいうところのショッピング枠なるものが付いてるんです。例えばですが、ド●モのサービスサイトでショッピングをすると、翌月の支払いに回ってきますよね?これがキャリア決済なるものです。このキャリア決済の枠を利用して、指定されたモノを買いそれを買い取る新しいカタチの現金化。それが、「携帯電話現金化・スマホ現金化」と勝手によばさせて頂きます(笑)

携帯電話をもっている方であれば、誰でも利用できるサービスです。この場合の利用限度額ですが、皆様自身のキャリア毎との「契約年数」「利用状況」に応じて限度額が決まってしまっています。そのあたりも確認してみては如何でしょうか?一応、大体の限度額ですが、MAX10万程度だと思われます。そこまで高い限度額ではないですが、急用などの際、10万程度の枠は丁度いいかもしれませんね。

現金化パンダ
携帯電話現金化・スマホ現金化ができるのは換金館です。

仮想通貨(暗号通貨)の現金化の時代

仮想通貨(暗号通貨)の法整備が進めば・・・今後は税金対策として色々な手法が用いられると思います。その際の1つの方法として、仮想通貨を現金化してしまおう?という流れがくるかもしれません。クレジットカード現金化JPでも仮想通貨現金化の詳細や業者が出て来たら随時更新していこうと思います。


仮想通貨の現金化の一般的な利用手順

仮想通貨現金化手順の一般的なご利用手順です。店舗を利用する前にご確認下さい。 仮想通貨現金化の利用手順は簡単④STEP ...


仮想通貨現金化のメリット・デメリット

流行る兆しを見せている仮想通貨現金化のメリットとデメリットをご紹介します。 仮想通貨現金化のメリット 仮想通貨現金化の主 ...

クレジットカードの現金化を利用してみようと思う人の1番の理由は「審査不要」

現金化パンダ
基本的に審査なんてないんですよね。基本的には、「クレジットカード」「アマゾンギフト券」「携帯電話(枠アリ)」のどれか1つあれば現金化できるサービスですから。

通常の金融サービスの場合、消費者金融だとやはり返済のための審査があります。また、闇金なども含めてなんだかんだ・・・利用者の返済能力の有無に関しては最低限みてきます。例えば保証人がいるのか?職場はあるのか?等。最終的に回収できなければ、消費者金融も非合法の金融会社も大赤字を出しますからね。最低限の審査(書類や面会)は必要なんです。

現金化パンダ
ですが、クレジットカード(※以下、アマゾンギフト券や携帯電話も含む)の現金化に関しては審査不要です。審査不要の理由は、クレジットカードを持っている時点でクレジットカード会社の審査を通過した方だからです。

厳密にいえば、「返済能力有り」と判断され「キャッシング枠」がつきます。要は借入OKってことです。そしてそれよりも大きな枠で「ショッピング枠」が付いてきます。現金化ではこちらの「ショッピング枠」の方を利用する最終手段であって金貸しではありません。また、この時使ったショッピング枠で利用した分は、月々の返済をクレジットカード会社にする流れになります。ですので、現金化業者からすると、返済能力の有無に関してはどうでもいいんです(笑)返せるかどうかは、利用者とクレジットカード会社の話ですから。

そういった意味合いから当然審査不要は当然であり、現金化を利用するための条件としては、「クレジットカードの所有の有無」だけになります。利用者のほとんどの方が諸事情により(保証人を立てれない。バレたくない。等)通常のキャッシングは利用できない。だから・・・「もっているクレジットカードでなんとかしたい!」という理由で審査不要の現金化サービスを利用してるそうです。

現金化に関する当サイトに寄せられる質問に対して、第三者の立場からイロイロお答えします。

実際に現金化を申し込みしたい場合。手続きはどうしたらいいでしょうか?

クレジットカード現金化JPでご紹介してる業者の各サイトへ行き。お申し込みページからお申し込み下さい。リピートの場合は電話でもいいともいますが、初回に関してはお申し込みフォームからをお勧めします。メールの返信や言葉遣いなどで、良い業者か悪い業者かがわかります。特にメールの返信の目安ですが。少なくとも10分以内に来ない業者はやめておいた方がいいでしょう。通常だと大体5分以内にすぐに連絡がきます。ここでの返信のスピードは振込のスピードにも似る感じがします。
現金化パンダ

現金化はいくらいくらいからサービスは利用できるのでしょうか?

各業者まちまちです(笑)大体の目安として現金化業者は3万円以上からを進めてきます。彼らも業者なのであくまで手数料で稼ぐしかありません。少ない金額ですよ彼らの利益はほとんどないため、あまりやりたがらないとおもいます。やりたがらない場合・・・換金率を悪く提示して断るケースが多々あるようです。初回!という限定であれば3万以上からのお申し込みをすると現金化業者はリピートしてもらいたいため、少しでも換金率を上げてくる傾向があります。
現金化パンダ

現金化する金額に「限度額」はあるんでしょうか?

現金化する金額に「限度額を現金化業者に聞く人って物凄く多いんですが、クレジットカードの現金化における限度額は、「クレジットカードのショッピング枠が現金化利用限度額」になります。この限度額を超える金額は利用できません。1つだけ裏技を教えますと。現在までのクレジットカードの利用で1度も滞納せず利用されている方は、カード裏面の電話番号からカード会社に連絡してみてください。恐らく限度額が2倍か3倍になる可能性があります。サービスを利用する前に、ショッピング枠の限度額を上げておけばそれなりに使えますからね。
現金化パンダ

複数枚のクレジットカードの同時に現金化は可能でしょうか?

業者によりますが大体できると思います。基本的に、御自分の名義のクレジットカードならば全然問題ないハズです。ただし、手間と決済手数料がまた二重に掛かってきてしまうので私はあまりお勧めしませんが(笑)クレジットカードの現金化で「審査不要」という記載が多いのですが、勿論カードをお持ちであれば誰でも利用可能です。なぜ「カードをお持ちであれば」と何度も言うののか?それは家族のカードや、親、妻、子供はたまた関係のない名義(盗難?落とし物?)のクレジットカードを利用する方がいらっしゃるからです。前述のカードは全て利用できません。当然ですがこれがまた多いんです(笑)業者も犯罪の片棒を持ちたくないのでこの「本人確認」だけはしっかり対応します。ですのでほとんどの業者は初回は少し現金化するまで時間かかります。2回目以降からは本人の簡単な確認だけで済むのでそれはそれで凄く便利かと。
現金化パンダ

無職・フリーターでも現金化は利用可能ですか?職業で違いはありますか?

どんな職業でも、どんな年収でも、御自分名義のクレジットカードだけお持ちであれば現金化は誰でも利用可能です。消費者金融の場合、会社員じゃないと・・・という話が多いので勘違いされてる方が多いのですが。基本的に、現金化はクレジットカードを持っているか?持っていないか?だけです。元々会社員時代にクレジットカードを作っていて、その後無職になってお金が無くなってしまった場合でも、クレジットカードの現金化はカードさえあれば利用可能です。その手軽さ故にどんどん利用者が増えて行っているんだと思います。法改正でグレー金利を抑えつけた反動で、お金を借入できるところも少なく、あげく弁護士・司法書士さん達による以前のグレー金利を取り返し、手数料を跳ねるビジネスを手助けしてしまってますし。そろそろそちらも何かしら動きがありそうですけどね(笑)
現金化パンダ
現金化パンダ
こちらは随時追記していきます。是非ご参考にして下さい。業者への質問に業者が答えるのではなく、第三者の立場から公平に本音で答えています。

カード現金化とクレジットカード会社の会員規約

クレジットカードを手に入れるためにはカード会社の審査に通らなければならず。審査の際には本人確認や収入を証明する書類、勤務先の在職証明などが必要です。それらをカード会社が確認し、支払い能力があると認められれば晴れてカードを手にすることができます。一度、カードを手にすれば支払いの大幅な遅延などがない限り、カードは自動的に継続されますし、利用状況に応じて勝手にショッピングやキャッシングの上限枠を引き上げてくれることもあります。

ただしカードを所有しているということは、カード会社の会員規約に同意したということを忘れてはいけません。普段はあまり意識することのない会員規約ですが、しっかり読み込んでみると様々な禁止事項がかかれています。

VISAやMaster、AMEXなどカードのブランドや発行している会社によって会員規約に多少の違いはあるものの、換金目的でのカード利用は禁止事項として記載されています。クレジットカード現金化は明らかに換金目的のカード利用であり、これをカード会社が認めていないことは明白だということです。

会員規約で定められたカード現金化の罰則

会員規約にはクレジットカード現金化という文字はありませんが、換金目的のカード利用の禁止については明記されています。さらにこの規約に違反した場合に、どのような措置が取られるかについても罰則として明記されていますが、罰則の種類は一つではありません。主な罰則の例としては、カードの利用制限や利用の一時停止といった利用に関するもの、利用額の一括返済請求といったカード会社への返済に関するものがあります。

カード現金化が疑われたときに一時的に利用を制限し、現金化の事実が明らかになれば強制退会処分と同時に一括返済請求が行われるという風に、段階的に罰則が適用されることもあります。また罰則の内容によっては信用情報が悪化し、それを受けて該当するクレジットカード以外の債務を一度に返済しなければならなくなったり、他のクレジットカード会社からも強制退会処分を受ける可能性も考えられます。

カード会社としても債務超過に陥りやすいクレジットカード現金化、およびその業者を排除したいのは当然で、最近はカードの利用状況を厳しく監視しています。ただし規約はあくまでもカード会社の利用に関するもの、会員に対してのものであり法律ではないという点に注意してください。カード会社の規約が法律ではないということは、罰則を受けたとしても犯罪にはならないということです。

カード現金化の法的な解釈

クレジットカード現金化がカード会社の会員規約に違反していることは確かで、それによって罰則を受ける可能性は否定できません。では法律的にどうなのかというと、カード現金化を違法とする根拠に当たる法律はありません。
またクレジットカード現金化業者を取り締まる法律も、現時点ではありません。クレジットカード現金化業者が摘発されたニュースを覚えている人もいるかもしれませんが、これは現金化したことが違法となったわけでなく、貸金業法に定められた利率を上回る貸し付けを行ったという名目によるものです。

これまでにカード現金化という業務内容が違法とされたことはなく、利用者が罪に問われたこともないということです。ほとんどのカード現金化業者は商品の購入の特典としてキャッシュバックする、あるいは商品を買い取るという形で現金化を行っており、どちらの方式も合法的なものです。ただし、カード現金化が罪に問われないとはいえ、現金化することでカード会社の利用規約に違反しているという事実は変わりません。法的に問題のない行為ではあるものの、会員規約違反という事実は変えようがないという点は覚えておいてください。

カード会社にとって完全悪とも言えないカード現金化

カード会社が換金目的のカード利用を禁止する理由の一つは、返済が滞る可能性が高いからでしょう。決済した代金を立て替えているカード会社にしてみれば、返してもらえないお金を貸し付けているようなものなので、現金化に使われないよう規約で定めるのは当然の行為です。ただしきちんと返済されるのであれば、カードが現金化に使われようと通常の買い物に使われようと、カード会社が損をすることはありません。

逆に利用してもらうことで利益が上がるため、歓迎すべきと言えるかもしれません。また現金化業者としても利用者が増えれば利益が上がりますし、利用者は必要な現金を手持ちのクレジットカードで用立てることができます。カード代金を支払えなくなる利用者がいれば悪となるクレジットカード現金化ですが、そうでなければカード会社、現金化業者、利用者の全てにメリットがある方法とも言えるのです。

現金化の比較サイト@クレジットカード現金化が今一番おすすめ&人気なのが「即日くん」です。最大キャッシュバック97%実現&当日10分振込は魅力的!

ショッピング枠を現金に変える過程を紹介

お金が必要になった時にカードローンを申し込んだり、クレジットカードのキャッシングを利用したりして工面すれば借金をしたことになります。仮に友人や知人、会社の同僚などから借りたとしても借入先が違うだけで借金であることは間違いありません。会社を相手にするカードローンの申し込みには収入や勤務先を証明する書類の提出に加えて、これまでの債務についても調べられます。十分な返済能力がないと判断された場合は、申し込みを断られることもありますし必要な額に足りない借り入れしかできないこともあります。また在籍証明された時にはカードローン会社の利用が勤務先にバレる可能性もあるため、人に知られずに借金するのは難しいでしょう。審査には数日~1週間程度かかることもあるので、今すぐにお金が欲しいという時には間に合わないことも考えられます。

クレジットカードのキャッシングは、すでにカードを所有していてキャッシング枠が付いている場合であればATMから貯金を下ろす感覚で使えて便利です。しかし一部のカードではキャッシング枠の設定は後からの申し込みになるため、カードローン申し込みと同様に審査が必要で収入によっては断られることもあります。

一般的にクレジットカードのキャッシング枠は上限額もそれほど高くないため、ある程度まとまった金額が必要な時には枠をすぐに超えることもあるでしょう。周囲の人から借りる方法にしても信頼関係がなければ貸してもらえないでしょうし、キャッシングやカードローンと同じく借金であることは変わらないので返済しなければいけません。お金が必要になった時に取れる手段としては、これまでに述べたように借金が一般的な方法と言えますが、実はお金を借りなくてもお金を作る方法があります。それがクレジットカードの現金化で、難しい手順を踏むことなく借金よりも気軽に利用できる方法です。

現金化に必要な手順

クレジットカード現金化はカードのショッピング枠で買い物して転売しお金にする、商品を購入した特典として現金を受け取るという2つの方法のいずれかで行われます。それぞれの方法で手順には多少の違いがありますが、流れを簡単にまとめると次のようになります。

  1. 現金化業者の選定
  2. 業者への申し込み
  3. 商品購入
  4. 現金受け取り

それぞれの段階で気をつけなければならない点があり、それを間違えると現金化で痛い目に遭う可能性もあります。以下に現金化の手順を追いながら注意点をまとめてみました。

現金化業者の選定

クレジットカード現金化を行う業者を見つけるのは難しくありませんが、信用できるかどうか初めての人にはわかりづらいはずです。まさに玉石混交といった世界でもあり、利用者を騙す業者に当たることもあるので気をつけてください。

良い業者を選ぶには現金化業者比較サイトなどで情報を集める、業者のHPを確認することが大切です。会社の情報をきちんと記載しているか、営業年数がどのくらいかなどをチェックして実績のある業者を選びましょう。
現金化業者早見表はこちら

現金化業者への申し込み

審査不要のクレジットカード現金化ですが、申し込みの際には必ず本人確認が行われます。ただし免許証などの身分証明書があれば十分で、申込時に業者に伝えるのも住所や電話番号、メールアドレスなどだけで大丈夫です。

とはいえ個人情報を渡すことになるので不安を感じる人もいるでしょうが、通販サイトで買い物する時に入力する項目と同じようなものとも言えます。最初に優良業者を選んでおけば、個人情報を悪用されるリスクを最大限に減らすことができます。

商品購入

現金化を行うには、まず商品を購入してカードで支払いをしなければなりません。購入する商品は業者から指定があるので、指示通りに買い物をしてください。クレジットカード現金化の方法には買取方式とキャッシュバック方式があり、買取式の場合は購入した商品を業者に郵送する必要があります。自分が受け取った商品を業者に売り、その対価として現金を受け取るのが買取方式です。

キャッシュバック方式は購入した商品に現金を返すという特典が付いており、それが購入者の受け取るお金になります。この方式は商品を受け取った後に、業者に郵送する手間をかけなくても良いのがメリットです。

現金受け取り

現金は申込時に伝えた指定口座に振り込まれますが、振り込みのタイミングは業者ごと、現金化の方式ごとに違います。買取方式は業者が商品を受け取ってからの振り込みとなるため、商品の郵送から2,3日かかることもありますが、キャッシュバック方式であれば数分から数時間で振り込みしてもらえます。2回目以降の利用については本人確認もシステムの説明も不要となるので、申し込みから振り込みまでの時間も大幅に短縮されます。

またリピーターのみ換金率をアップするという業者も多いので、対応や換金率に満足できたら同じ業者を利用し続けた方がお得です。クレジットカードの現金化は借金ではなく、あくまでも自分のカードのショッピング枠を利用してお金を工面する方法です。業者選びの方法や現金化までの流れをしっかり理解し、クレジットカード現金化の安全な利用を心掛けましょう。

現金化の比較サイト@クレジットカード現金化が今一番おすすめ&人気なのが「即日くん」です。最大キャッシュバック97%実現&当日10分振込は魅力的!

クレジットカード現金化業者の高い手数料は詐欺?

クレジットカード現金化の業者には、悪質な手口で詐欺を働く業者もいます。ほとんどの業者は特に問題なく現金化でき、利用者もサービスに満足しているのですが100%善良な業者だけだと言い切れないのが実情です。もちろん悪徳業者が存在するのはクレジットカード現金化業者に限ったことではありませんが、元々カード現金化につきまとうダークなイメージもあって詐欺業者への意識が敏感になっているのかもしれません。

悪質なクレジットカード現金化の業者による詐欺と思われる例としてよく挙がるのは、HPに記載されている換金率と実際に振り込まれる金額から算出した換金率が異なることです。

98%の換金率と謳っている業者は数多くあるものの、実質的な換金率が80%を下回ることは珍しくありません。利用者にとっては納得のいかない数字で、詐欺だと言いたくなるのは当然でしょう。ただ換金率が下がるのは手数料などを差し引いた結果だとも言えます。

現金化の仕組みとして商品を購入するという手順を踏みますが、その際には消費税や手数料が発生します。これを業者が負担することはなく利用者が負担することになるので、換金した現金から実費として引かれても仕方ありません。

実際、業者のHPには手数料や送料についての記載があることも多く、きちんと記載されていれば詐欺とは言い切れません。決済にかかる手数料は業者の利益となりますが、それをいくらに設定するかは業者の自由です。利用する場合は事前に手数料額の確認が大事で、それを怠ったとすれば利用者にも責任があります。

中には手数料が10%を超える業者もあるものの、それに納得できなければ他の業者を探すという方法もあります。記載があるにもかかわらずその業者を利用した場合、利用者は手数料に納得しているとみなされるでしょう。高い手数料に納得できず詐欺業者だと訴えたくなる気持ちはわかりますが、本当の詐欺と言えるのは別の手口で利用者を騙す業者です。

その手口とは、振り込みを行わないこと。次からは、本当に悪質で絶対に騙されてはいけない詐欺業者の手口について解説しましょう。

振り込みする気のない悪徳現金化詐欺業者

現金化業者の中でも一番タチの良くないのが、振り込みすらしない悪質な業者です。手口は単純で、通常の流れに従って現金化を行い振り込みの予定日も伝えてきます。しかし、いくら待っても振り込みされず、しびれを切らして業者に連絡しても振り込みしたと言い切ったり、銀行のトラブルなので仕方ないと逃げるかです。

最初は業者の言うことを信じて銀行に問い合わせをしたり、振り込みを何度も確認したりしていた利用者も、数日後には待ち切れなくなるでしょう。

カード現金化業者への電話連絡やメールも、膨大な回数になるかもしれません。時間が経つうちに業者もまともに対応してくれなくなり、逆ギレされたという被害者もいます。とはいえ、利用者としては業者に連絡を取り続けるしかなく、諦めないで電話やメールを続けるうちに、ある日急に連絡手段が断たれてしまいます。今まで通じていた電話も不通、メールを送っても返信がないかアドレス自体がなくなっていて不達といったことは珍しくないようです。
詐欺を計画している業者は実店舗も構えていないので、お店に押し掛けるわけにもいきません。利用者にはクレジットカードの支払いだけが残り、詐欺被害を訴えようにもカード会社の利用停止処分が怖くて泣き寝入りということになります。

現金化の詐欺業者を見分けるには

詐欺業者だと誰でもわかるような業者なら騙される人はおらず、悪質な業者はごく普通の業者に混じって営業しています。HPでは高換金率を謳い、場合によってはサクラの口コミで業者の対応を絶賛するコメントを載せていたりもします。それだけ見れば騙されるのも仕方ないですが、詐欺業者に多い特徴を押さえておくと最悪な業者を避けられるかもしれません。

その共通点とは営業年数の短さ、ネットでの知名度のなさです。

利用者をだまし続けながら営業をすることはできないので、詐欺業者が活動する時期は短期間です。一気に利用者からお金を巻き上げて逃げるのが、現金化詐欺業者の常套手段と言えます。もう一点の知名度のなさですが、営業期間が短いので人に知られることなく消えていき、現金化業者の比較サイトなどでも名前が挙がることがありません。

業者探しの参考にもなる現金化業者比較サイトは、詐欺業者の見極めにも役に立つということです。初めて利用する時は、これらのポイントを参考に詐欺業者ではない優良な業者を選びましょう。また、カード利用措置を恐れて泣き寝入りするのも本当はお勧めできません。なぜなら同じ被害に遭う人を増やすだけだからです。詐欺に遭ったことを警察に届け出れば、カードの決済履歴から詐欺業者に辿り着くことができるかもしれません。カード会社の罰則を受けたうえに、カード代金の支払いも保証されないかもしれませんが、詐欺業者を許したくないという気持ちがあるのなら、被害届の提出も検討してみましょう。

現金化の比較サイト@クレジットカード現金化が今一番おすすめ&人気なのが「即日くん」です。最大キャッシュバック97%実現&当日10分振込は魅力的!

カード現金化で購入する商品は換金性の高さで選べ!

換金性の高い商品が購入できれば高額で売ることができ、クレジットカード現金化がさらに効率良く行えます。ただ、どんな商品がいくらで売れるのか、どんな商品の換金率が高いのかは現金化を何度か繰り返さなければ把握できません。そこで、初めての人も安心して現金化できるよう、高換金率が狙える商品と購入にあたっての注意点をまとめてみました。

お勧めの高換金率商品

換金率の高い商品は一種類ではなく金券類や電化製品、ブランド品など色々あります。また販売しているお店や買いやすさにも違いがあるので、そういった点も合わせて商品を詳しく紹介していきましょう。

※新幹線回数券

クレジットカード現金化の中で最も知られている商品と言えば、新幹線回数券ではないでしょうか。駅のみどりの窓口に行けば誰でも購入できて、換金率も90%を超えることが多い換金性の高い商品です。回数券の有効期限は6カ月、1枚ずつバラして使うことができるので需要も高く、金券ショップなどに持ち込めば喜んで買い取ってくれます。

ただし最近はカード会社が現金化のためのカード決済を防止するために、新幹線回数券の大量購入や複数回の購入ができないこともあります。決済は少額ずつ行った方が良いでしょう。

※貴金属やブランド品

ブランド品は流行のデザインや入手困難な限定アイテムが人気で、思わぬ高値で買い取ってもらえることもあります。しかし、流行遅れになった貴金属やブランド品は大幅に値段が下がることもあるので、購入後はできるだけ早めに売ってしまいましょう。

※最新の小型家電や楽器

最新の小型家電や楽器の換金率は特別に高いわけではありませんが、元々の販売価格が高いため現金化できる額も大きい商品です。ここで注したいのは万引きなどの手段で入手した商品の買取を防止するという名目で、新品は買い取らないという業者もいることです。ただし、あくまでも建前なので一度開封すれば買い取ってもらえることも多く、売れないいいう心配はないでしょう。とはいえ、実際には新品でも中古品という扱いになるため買い取り額は元値の5割ほどにしかならないこともあります。新品を買ってもいきなり半額になってしまうとなれば、かなり損をすることになりますが売れ筋商品であればもう少し上乗せされることもあります。買い取り業者の目星をつけたら、実際の買取価格の相場を聞いてから商品を購入した方が確実です。

※PCやスマホ

モデルチェンジがあれば一気に値段の下がるPCやスマホを現金化に利用するなら、とにかく発売直後に購入して、すぐに売ってしまうことが大事です。人気メーカーであれば6割前後の買取価格になりますが、そうでなければ発売したばかりの新品でも半値以下になってしまうようです。

※ゲームソフト

発売日に行列ができるほどの人気ソフトを大量に仕入れて、転売するという方法もあります。この場合、買い取り業者ではなくオークションを利用した方が高く売れるかもしれません。しかし売れずに余ってしまうと人気ソフトだけに中古市場にも大量に出回ってしまい、ほとんど値段がつかなくなる可能性もあります。

※衣類や家具

ブランドの衣類や高級家具も現金化は可能なものの、洋服の場合はサイズやデザインなどで販売する相手が限られるため買い叩かれることもあります。また家具は運送費用を考えると割りの良い現金化の商品とは言えないため、あまり手を出さない方が良いでしょう。

高換金率商品購入に伴うリスク

売りやすさや換金率の違いなど、クレジットカード現金化に利用される商品にはそれぞれに特徴があります。どの商品で現金化を行うかは、換金率や自分のカードのショッピング枠の上限額などで決めると良いでしょう。ただ、どの商品を購入するにしても現金化のためにカード決済したことがわかってしまうと、カードが利用できなくなる可能性があります。換金率の高い商品ほどリスクが高く、新幹線回数券の購入でカードを停止された人も実際にいます。

なぜカードが使えなくなるのかというと、カード会社は換金目的でカードを使うことを規約で禁止しているからです。会員規約があることを知っていても、じっくり読んだことがある人は少ないと思います。しかし、全てのカード会社で換金目的のカード使用を禁止する条項を設けており、違反した際の罰則もあります。

買い物しようとしたのにカードが使えない、カード会社から購入商品に関する確認の電話が入るなど、クレジットカードを現金化舌のではないかと怪しまれるとカード会社がこのようなアクションを起こします。現金化が確定となれば即カードの利用停止措置が取られることもあり、これまでに利用したカード決済の残額を一度に支払うよう通知が来ることもあるそうです。カード会社もいきなり強硬手段に出ることはないと言われていますが、換金性の高い商品ばかりを購入するようなカードの使い方をしていると疑われるのは当然です。

高額商品の決済を何度も行わない、換金性の高い商品の購入頻度を抑えるなど、カード利用停止を避けるための対策を考えてから現金化を行ってください。

カード利用停止にならないためにできること

これまでに紹介したのは、自分で現金化する際に使える換金率の高い商品と購入にあたっての注意点です。しかし注意を払ったとしても、カード会社に現金化という行為が知られてしまう危険性はゼロではありません。では、現金化は止めた方が良いのかというと方法を選べば、安全性の高い現金化が可能になります。それがクレジットカード現金化業者を利用したカード現金化で、専門の業者に依頼すればリスクを減らせるということです。

しかし現金化業者ならどこでも良いというわけではなく、優良な業者を選ぶことが大前提となります。優良な業者とは換金率の良さ、手数料などの記載のわかりやすさ、実績や営業年数の長さなどで判断できます。ネットで色々な業者の情報を比較して自分が使いやすいと思う業者を選び、安全にクレジットカード現金化を行いましょう。

現金化の比較サイト@クレジットカード現金化が今一番おすすめ&人気なのが「即日くん」です。最大キャッシュバック97%実現&当日10分振込は魅力的!

90%を超える高換金率の業者は実在する?

クレジットカード現金化業者のHPでは換金率98%といった数字をよく見かけますし、ほとんどの業者が90%を超える高換金率を提示しています。現金が必要で切羽詰まっている時に、こうした数字を見るとすぐにでも申し込みたくなる人も多いでしょう。しかし、実際に90%を超える換金率で営業を行っている業者はいないと言い切れます。ここでは多くの業者が換金率90%以上と堂々と記載し、営業しているのか換金率と実際に受け取れるお金の関係についてご説明します。

最大換金率という言葉のワナ

どこの業者に申し込もうかとHPで情報収集をしている時、換金率を最優先にする人は多いはずです。少しでも多くの現金を手に入れるためには換金率が高い方が良いに決まっていますし、損をするとわかっていて換金率が低い業者を選ぶ人もいないでしょう。ここで気をつけたいのは多くの業者が90%以上の換金率を提示しているのは事実ですが、表記は業者ごとに異なるという点です。

これは換金率の数字が違うということではなく、使われる言葉が業者ごとにバラバラということです。わかりやすく例を挙げてみると同じ90%の還元率を記載している業者でも「最高還元率98%」、「還元率最低85%」、「還元率一律88%」となっていることがあります。一見するとどの業者も還元率は90%に思えますが、実際にはどこが一番得なのかわかりません。

なぜなら最高で98%の業者はそれ以下の可能性もありますし、最低で85%の業者ならさらに高還元率になる可能性もゼロではありません。確実なことが一つあるとすれば、一律という表記はそれ以上にもそれ以下にもならないということです。数字だけを見ると98%という業者が突出しているように思えるものの、この還元率が適用されることはまずないと考えて良いでしょう。

実際の換金率が下がるのはなぜ?

換金率と業者から振り込まれるお金に相違があるのは、換金率をかけて計算した現金から手数料や消費税、送料などの名目でお金が差し引かれるからです。手数料は業者の利益でもあり、いくら引かれるのかは業者にとって違います。3%程度の業者もあれば10%以上の手数料を徴収する業者もあり、換金率が同じ業者でも手数料を引いた後の残りには大きく差がつきます。

利用者からすると損をしたような気になりますが、利益がなければ現金化業者は営業できないので手数料の徴収自体は悪いことだと言い切れません。商品を購入して自宅に送ってもらう場合に送料がかかるのは仕方のないことですし、振り込みの際には所定の手数料を銀行に支払わなければなりません。そう考えると業者が差し引く手数料の全てが不当な請求だとも言えず、受け取る現金が減るのは現金化の仕組みとして当然のことと考えられます。

換金率は変動するもの

98%の高換金率の業者に申し込んだにもかかわらず、実際に受け取った金額を計算してみると80%にも満たないということはよくある話です。勝手に換金率を変えられたと怒りたくなる人もいるでしょうし、利用したのが悪徳業者だったと思う人もいるでしょう。しかし、これは利用者が手数料の存在を理解していなかったために起こる誤解でもあります。

実際には98%の還元率で、そこから手数料を引いたために受け取る金額が下がっただけと考えれば納得できるのではないでしょうか。初めて利用する人の中には、こうした事情がわからず損をしたと感じることもあるようです。こうしたミスを防ぐためにも、現金化の前には仕組みをしっかりと理解しておくことが大事で、手数料などの諸費用について業者に確認しておかなければなりません。

換金率は変動するものであって記載された数字のままではなく、優良な業者であっても実質的には75%~80%の換金率になると覚えておきましょう。

安心して利用できる業者3選

どこの業者を選んだとしても現金化を行えばHPに記載されている換金率よりは下がるものですが、手数料を低く設定してあれば換金率がそれほど下がることはありません。具体的な手数料が明記されている業者、手数料無料キャンペーンを行っている業者を選べば、記載された換金率に近い現金を手に入れられるはずです。次に挙げる3社は信頼性だけでなく換金率の高さにも定評がある、優良なクレジットカード現金化業者です。高換金率の記載に騙されたくないという人は、この3社の利用を検討してみるのがお勧めです。

即日くん
換金率:最大98.8%
振り込み:最短10分
特徴:申し込み最短1分、現金振り込み最短10分というスピードが売りす。
金額に応じて還元率が変わり最大還元率は98.8%、新規の場合は換金率が優遇されるサービスもあります。
24時間いつでも申し込み可能、一部のネット銀行口には土日の振り込みも対応しているので、急に現金が必要になった時にも頼れる現金化業者です。

あんしんクレジット

換金率:最大98.8%
振り込み:最短10分
特徴:業界最高の換金率98.8%となっていますが、実質85%程度の換金率と言われています。
換金率アップのクーポン配布キャンペーンなども行っているため、タイミングによってはかなりの高換金率と言えるでしょう。
最高換金率が必ず適用されるわけではないものの、利用者数の多さや顧客満足度から見ても優良業者の一つであることは間違いなさそうです。

和光クレジット

換金率:85%~
振り込み:最短5分
特徴:創業から13年という実績のある和光クレジットは、換金率が目立って高いわけではないものの安心できる業者として知られています。
他社から乗り換えの場合は換金率がアップ、利用額に応じて換金率90%を保証といったキャンペーンも行っており、通常よりもお得に利用できるチャンスは多いようです。
現在までカード事故や顧客からのクレーム0件という点で、現金化が初めてで不安が多いという人にお勧めです。

現金化の比較サイト@クレジットカード現金化が今一番おすすめ&人気なのが「即日くん」です。最大キャッシュバック97%実現&当日10分振込は魅力的!

Copyright© クレジットカード現金化JP , 2019 All Rights Reserved.